1. 夜遊び
  2. 現在のページ
風俗で働く女性

風俗で働くメリットとデメリット。知らないと怖いリスクも教えます

PR 投稿日: 2023年05月20日

風俗は高収入が見込めるお仕事です。しかし、大きなリターンに対して、デメリットやリスクがあることを忘れてはいけません。
なぜなら、風俗で働く上でそれらは常に付き纏うからです。

風俗で働くデメリットやリスクは、生活の質や病気、今後の男性との関わり方や、将来の人生にまで影響を及ぼすことがありえます。ですから「風俗で働いてみようかな」と思う方にはぜひ知っておいてほしいのです。

実際に風俗業界で8年間、風俗嬢として働いた筆者が、風俗で働く上でのデメリットとリスクのリアルな事情を解説致します。

風俗で働くデメリット

風俗で働くデメリットにドン引きする女性

高収入が得られる魅力的な風俗嬢というお仕事ですが、いくつものデメリットがあるのは事実です。実際に起きうるデメリットを見ていきましょう。

身体的摩耗

風俗で働くということは、自分の体で稼ぐということです。事実、風俗で働くのは体力勝負であり、1日を終える頃にはクタクタという事は日常茶飯事です。

収入を増やすためにはより多くのお客様としなくてはならず、稼ぐためにはより体を酷使せざる負えないのがリアルな話です。体を守ろうと思えば稼げず、稼ごうと思えばハードな負荷を体に課さなくてはいけないのは、デメリットです。

日々体を酷使するので、メンテナンスは欠かせません。腰痛などに悩む子が多いので、整体などに通う人も多々居ます。しっかり休養を取らずに働くと、免疫力が下がり病気にもなりやすいので、しっかりと休養を取る習慣を作りましょう。

メンタルの不調

風俗で働くと、どうしても夜型生活になりがちです。
最近は無店舗型の風俗店が多く、24時間営業という店舗も多いです。さらに、夕方から明け方はお客様が多いので、そこを狙って働く子も多いのです。

このような理由で風俗で働くと夜型生活になる子は多いのですが、その様な生活はメンタルの健康を損なうリスクがあります。

人間のメンタルの健康を保つには、太陽光を浴びることが欠かせません。太陽光を浴びることで、セロトニンが生成され、セロトニンがメンタルの健康を保つのです。

夜型になれば、太陽の光を浴びる機会は減少します。そうなればセロトニンの生成量は減少し、落ち込みがちになったり、鬱のような症状が出ることもあります。

病気になるリスク

風俗嬢が夜型の生活になりやすいのは先程も説明しましたが、夜型の生活をしていると病気のリスクも上がります。
夜勤者にはがんや胃腸の病気、心臓や血管などの循環器の病気、糖尿病を発症するリスクが報告されています(参照:阪野クリニック)。

また、性病のリスクも高くなることは明白です。たとえ挿入がなくても、性器同士の接触や粘膜同士の摩擦で性病にかかります。風俗ではフェラチオをするので、喉が性病に罹患するケースが特に多いです。

大きなストレス

風俗で働くと、大きなストレスを抱えることは珍しくありません。本来親密な人とする性的な行為を、不特定多数とするだけでもストレスを感じることは言うまでもありませんが、それだけではありません。

  • 手荒なプレイをするお客様
  • 嫌がっても聞いてくれないお客様
  • 不潔な人や体臭のきつい人

風俗で働けばこの様な人の相手をすることも多々あります。
そして、ストレスは蓄積されていくのです。

ストレスをうまく発散できず、心を病んでいく風俗嬢も多いのは事実です。閑散期で稼げないというストレスで、鬱を発症してしまうこともあります。

男性との関わりに問題を抱えてしまう

風俗で働き、毎日多くの男性を相手にしていると、男性に対する感覚が歪んでしまったり、男性と親密な関係になることが難しくなってしまう人も居ます。

その多くは、男性は全てお客様のような感覚に陥ってしまったり、男性からお金をもらわずに会話や性行為をすることに嫌悪感が出ます。こうなってしまうと、男性と健全な人間関係を築くのは困難です。

さらに怖い点は、これらの感覚は風俗を卒業してもすぐに直るとは言えないことです。

卒業してから長い時間が経っても、男性は客という感覚が抜けない人も居ます。

金銭感覚が狂う

風俗で働いていると、稼げるがゆえに金銭感覚が狂っていく人も多々居ます。月収100万円稼ぐ人も珍しくはない風俗業界では、お金の使い方や価値観がいつの間にか変わりやすいのです。

ブランド物を頻繁に買うようになったり、度々海外旅行に出かけたり、いつもの外食を高級なお店で食べるようになる人は珍しくはありません。ホストに大金を貢いだり、ギャンブルにお金を費やす人も居ます。

浪費癖が付いてしまうと、悪癖がなかなか抜けず、風俗でしか働けなくなってしまう女性がいるのも事実です。
さらに、風俗を卒業できたとしても浪費の習慣が変えられず、借金を作ってしまったり、風俗に舞い戻る女性が多い点も見逃せません。

クレジットやローン審査に通らない

風俗で働けば高収入が見込めますが、ローン等の審査には落ちてしまうことがあります。

クレジットやローンの審査には、職場や収入の審査があります。
しかし、風俗で働く場合は職場の情報や収入証明を出すことが難しく、そうなれば審査落ちという事も多いのです。

職場の情報や収入証明が出せなくても審査に通ることもありますが、一般の企業就労の方に比べると限度額が低くなってしまいます。

就職が難しくなる

風俗で働いている期間が長くなれば、就職することが難しくなることがあります。

風俗で働いている期間は履歴書で申告しても職歴として扱われません。むしろマイナスイメージを与えてしまいます。
そこで無職の期間として申告することになります。

そうなると、風俗で働く期間が伸びれば伸びるほど、無職と申告する期間が長くなってしまいます。無職の期間が長ければ、就職が難しくなってしまうのは当然です。

身バレするリスク

風俗店では身バレのリスクを軽減するために、お客様を事前にモニターで確認できるなどの対策をとっている店舗は多いです。しかし、それでも身バレするリスクは大きいと言えます。

派遣型風俗店の場合、ホテルを利用するお客様の身元を確認するのは困難な場合が多くなります。待合室の様子を確認できたとしても、アングルや画像の不鮮明さで、知り合いを100%排除できるとは限りません。

また、身バレは知り合いだけを警戒すればいいというものではありません。お客様に本名や住所がバレてしまった場合、ストーカー化して付きまとわれたり、ネットで情報を晒されることもあります。

大きなリスクやデメリットを承知で風俗で働く理由

風俗で働く理由を語る

風俗で働くには、大きなリスクやデメリットがあります。健康を害したり、卒業後の人生にまで影響が及ぶこともあります。それでも風俗で働くメリットも見ていきましょう。

高収入

風俗は、女性であれば高収入が得られる可能性が大きい職業です。毎月100万円以上稼ぐ人も珍しくはありません。

また、若年の女性の方が大金を稼ぎやすい傾向があり、一般的な昼職とは異なります。20代女性で最も多くの人が得ている所得は22万円から23.9万円(参照:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況」賃金の分布)です。
ですから、その期間こそ100万円以上の収入が得やすいのは大きな魅力です。

気遣いや礼節が身につく

風俗で働いていると、礼儀正しさや気遣いができなければ勤まりません。指名を獲得しようと思うなら尚更です。

気遣いや礼節は風俗から卒業した後にも欠かせません。
あたり前のことに感謝の気持を伝えたり、マナーを守り品の良い行動をすることは人間関係を円滑に回すための必需品です。

このようなことを日々の接客の中で、先輩や後輩の風俗嬢、マネージャーなどの上司から学べる環境に恵まれるのは、風俗以外では稀です。

年齢や学歴を問われない

巷の求人を見ると、年齢制限や求める学歴に制限があります。年齢が高い方や、目を見張るような経歴や学歴がない場合、書類選考で落ちてしまうことも少なくはありません。

しかし、風俗業界では年齢も学歴も不問です。超熟女風俗であれば70代オーバーでも働けますし、高校中退という学歴の子も多いのが実情です。

世間では高齢の場合や学歴や経歴があまり良くないと、収入が低くなる傾向を考えると、年齢や学歴が不問で高収入を狙えるのは、特異かつ魅力的な点です。

4つのメリット

その他にもメリットはあります。まずは時間のゆとりができます。

風俗で働く場合、多くの子は週に3日から4日程度しか勤務しません。中には週1日勤務という子も居ます。勤務日が少ないということは、自分の時間が増え、時間のゆとりが生まれます。

次は、お店で大切にしてもらえるということです。
風俗で働くと、スタッフからとても大切にしてもらえます。それはお姫様扱いに近いです。そのような扱いで働ける環境は、昼職ではありえないことです。

3つ目は、テクニックの向上と正しい性知識が身につくことです。接客を重ねていけば、自然とテクニックが向上していきます。
さらに、病気の予防などの知識も身につけられます。

4つ目は、男性を見極めるのがうまくなることです。横柄な人の傾向、優しい人の傾向、接客で様々な男性を見ていると、挨拶した数秒間で大体の傾向がつかめるほどになります。

まとめ

風俗で働くには、デメリットとリスクが存在します。体を酷使することや、メンタルを病むリスク、病気を患うリスクが高くなること等です。
また、大きなストレスと付き合っていかなければいけないこと、男性との関わりに問題を抱えてしまうリスク、金銭感覚の崩壊など多岐にわたります。

その一方、風俗で働くメリットもあります。高収入や、気遣いや礼節が身につくこと、年齢や学歴が不問な点等多岐に渡ります。

風俗で働くにはデメリットやリスクもありますが、働いてみるとそれに余りあるメリットと魅力があります。
まずは後で後悔しないように、しっかりとデメリットとリスクを知っておきましょう。