1. 夜遊び
  2. 現在のページ
[PR] 当サイトでは広告を利用しています
風俗が好きなイケメン

イケメンが風俗で遊ぶ理由とモテる男に対する風俗嬢の本音

投稿日: 2023年04月09日

風俗はブサメンやキモメン等の女性に縁遠いやつが行くところだと思っていませんか?
もちろん女性になかなか縁がない方もいらっしゃいますが、利用者の多くは普通の男性です。もちろん、彼女や奥様がいらっしゃる方も多いです。

その中でも、イケメンのお客様が風俗に多数ご来店されると聞いたら驚きますか?

実際、数多くのイケメンが風俗店を訪れます。
「わざわざ風俗にくる必要ないでしょう」と思わずにいられないような、芸能人並みのイケメンもいらっしゃいます。

イケメンはどんな理由で風俗で遊ぶのでしょうか?
わざわざ風俗で遊ぶメリットがあるのでしょうか?
8年間様々な風俗で働き、イケメン顧客様に伺った「風俗で遊ぶ理由」のご紹介と解説をいたします。

イケメンが風俗に訪れる理由

風俗で遊ぶイケメン

女性に慣れていない

外見が整っていて、いかにも女性からモテそうなイケメンですが、内面が内気な場合もあります。物静かで人見知りな場合などは、女性とコミュニケーションを取るのもハードルを感じるような事も珍しくありません。

女性と話すのが苦手でも、健康な男性であれば性欲はあります。その場合、手っ取り早い選択肢が風俗です。

風俗なら女性がリードしながらコミュニケーションを取るので、内気なイケメンも安心しやすい面もあります。

女性不信

イケメンが女性に言い寄られるのは想像できます。実際、女性からグイグイ来られるイケメンは多いです。ですが、「顔目当て」で言い寄ってくる女性が多く、そのせいで女性不信になってしまうイケメンもいます。

容姿は恋愛をする上で大切な要素ですが、表層の容姿ばかりで中身を度外視されてしまうのは切ないものです。
せっかくお付き合いするなら中身にも目を向けてほしいと思うのは、人間として当然の心理でしょう。

お顔立ちが美しいばかりに中身を無視されてしまうと、「女はどうせ顔しか見ていない」と考えてしまうイケメンもいます。そうなってしまうと、恋愛には発展せず、「風俗でサクッと抜いて終わり!」の方が心情的に楽なんだそうです。

モテない

「イケメンはモテる!」と思っていませんか?
実はモテないイケメンも結構います。むしろモテないイケメンのほうが多いです。

イケメンは女性からモテる経験も多くしていますし、客観的に自分の目鼻立ちが整っていると認識している方も多いです。そうなると、「俺ってイケメン!」とおかしな方向に進む方がいます。

モテるから女性に対して上から目線になっていたり、チヤホヤされているせいか我儘だったり、横柄だったり。性格に難点があって女性にモテないイケメンもいます。

いくらイケメンと言っても、女性に相手にされなければモテない男の仲間入りです。そんなイケメンは風俗に行かなければ性欲を発散させることができません。

後腐れない関係を求めて

既婚者のお客様や彼女が居るお客様は、外で浮気をして後腐れを残すわけにはいけません。そんな時に遊びたければ、風俗が都合がいい点はイケメンもフツメンも同じです。

しかし、パートナーが居なくても楽な関係性を求めるイケメンも居ます。
彼女を作る労力は結構大きな労力です。頑張っても実るとは限りませんし、その割にエネルギーを必要とします。

ところが、風俗にはエネルギーはほぼ要りません。必要なのはお金だけです。

風俗はエネルギーレスの疑似恋愛です。その疑似恋愛独特の異常な手軽さを好むイケメンも風俗店を好んで利用します。

癒してほしくて

悩んでいるときや失恋して寂しい時に「誰かに癒やしてほしい」「一緒にいてほしい」と思った経験はありませんか?
このような理由で来店されるイケメンもいます。

悩み事や失恋の痛手を友達に話せる人はいいですが、「実際の知り合いには話しにくい」と感じる人も多いのです。そんな時に後腐れない相手が親身に話を聞いてくれたらどんなに良いでしょうか。

そんな都合のいい相手はなかなかいないように思えますが、男性は簡単に見つけられるのです。風俗嬢なら親身に話を聞いてくれますし、スキンシップで孤独感を癒やすこともできます。オマケでヌキも付いてくるなんて、便利なシステムですね。

イケメンだって寂しい時も落ち込む時もあります。その気持ちを癒やしたくて、癒やし系風俗嬢を選んで遊んでいく場合もあります。

イケメン客に対する風俗嬢の本音

泡を持つ若い女性

「イケメンが風俗に来たら、風俗嬢は大喜びに決まってる」そんな風に決めつけていませんか?「女はイケメン好きだろ?」そんな風に思っていませんか?

女性という括りでは、イケメンが好きという答えは正解かもしれませんが、風俗嬢という生き物はイケメンが好きとは限らないのです。

イケメン大歓迎!

サービスする側とは言え、「相手がイケメンならテンションが上がる!」という風俗嬢はもちろん居ます。いつもは苦痛に感じているサービスも、彼氏としているようなテンションで積極的にできちゃうような子も居ます。

話を聞いていると、イケメンのお客様が来ると、風俗嬢ではなく女性としての顔が強くでるようです。また、「イケメン相手なら、お店で禁止されていても本番まで許しちゃうよー」と話す子も居ます。

顔立ちで本番できるとしたら…一見得なようですが、同じ風俗嬢としてはモヤモヤしたものを感じます。お金を払う側のお客様目線では、納得行かないことこの上ないでしょう。

イケメンは苦手

イケメンが苦手な風俗嬢はもちろん居ます!
理由も色々あるので、見ていきましょう。

緊張するから苦手

イケメンは女性にモテます。女性慣れしている方も多いです。そして、付き合ってきた女性のレベルが高い方も珍しくはありません。

女慣れしていて、ハイレベルな女性に慣れている男性を相手にするのは、女性としてはかなり緊張します。容姿に対する要求も高そうですし、女慣れしていればテクニックに対する要求も高そうに思えるのです。

新人風俗嬢で男性に対する経験値があまり無い場合や、ルックスがあまり優れていない風俗嬢は、ご案内でイケメンと対面した瞬間に緊張してしまいます。緊張状態で仕事をするのは誰だって避けたいものです。

イケメンが悪いのではなく、イケメンのイメージで勝手に緊張してしまい苦手に感じてしまう風俗嬢は多々居ます。
筆者は容姿が良くないので、この気持ちは強く共感しました。

接客が難しい

イケメンは接客が難しいです。長期の指名を取るなんて、考えただけで気が遠くなりそうです。それ程接客が難しいのです。

イケメンは褒められ慣れています。優れた見た目を褒められるのは当たり前で、なおかつチヤホヤされる経験も幾度となくしています。

ブサメンやキモメンはその様な経験をなかなかしていません。だからこそ、風俗で褒められれば簡単に真に受けて舞い上がってくれますし、末永くご贔屓にしてくれるのです。言い方は悪いですが、風俗嬢にとって簡単で効率がいいのです。

それに対して、イケメンは褒めてもさらっと受け流し、チヤホヤしても当たり前という態度でほぼリアクションはありません。イケメンからは指名を取る事が難しく、掛ける労力が大きいのです。

風俗嬢は商売人です。接客の労力は最小限で、効率よく指名を取って稼ぎたいと考えます。そうなると、労力が大きく掛かり、指名が取りにくいイケメンを苦手に感じるのも納得です。

勘違いイケメンは全風俗嬢に嫌われる

頻繁に風俗を利用するイケメンに多いのですが、「俺、イケメンでしょう?俺につけて、ラッキーだね?」的な、上から目線のイケメンが居ます。このタイプは、イケメン好きな風俗嬢にすら嫌われる事もあります。

イケメンを鼻にかけている事に始まり、「イケメンとHができるのは女は全員嬉しいはず!」と決めつけた挙げ句、ガシガシと手マンをし、「イケよ!」と見当違いも甚だしい発言をするのは定番です。

悲鳴を上げたくなるような乱暴なプレイをする、勘違い発言をする、上から目線と性格に難がありすぎます。いくら顔が良くても、ここまで酷いイケメンは風俗嬢に嫌われてNGを出されることもあります。

注意すべきイケメン

注意喚起をする女性

イケメンが風俗に来店する場合、性欲ではない下心を抱えている場合があります。

騙すつもりで待ち構えている風俗嬢が、手玉に取られてハメられる事もあるので気をつけましょう。

ホストの営業

ホストが営業で自分の顧客開拓のために風俗店を訪れるケースがあります。相手はホストですから、女性の扱いが上手く、中長期的に時間を掛けて落とそうとするケースもあります。

夜の街の景気が下がると、風俗に営業を掛けるホストが増えます。中には純粋に風俗へ遊びにいらっしゃるホストもいますが、口説いてきたりする場合は気を引き締めて警戒をしましょう。

本番強要

イケメンの本番強要で厄介なパターンは、「イケメンだから受け入れるだろう」と、了解も取らずに突っ込んでくるパターンです。確認を取られてもダメなのですが、ノーモーションで入れられてはたまりません。

また、勝手に挿入する人は、「止めて!」と意思表示をしても、すんなり引き下がらない傾向があります。筆者の友達は、イケメンに勝手に挿入された挙げ句、止めてもらえずに警察沙汰になってしまいました。

イケメンだろうが、本強には強い態度で出ましょう!
事前に本教された場合のお店のマニュアルなどもチェックしておきましょう。

風俗で出逢ったイケメン

離婚のショックでEDになった男

ここからは実際に風俗で出逢ったイケメンとその来店理由をご紹介します。イケメンなのに指名が取れたレアケースをご紹介します。

離婚の痛手を癒やしに来たイケメン

結婚は人生の1大イベントですが、離婚も大きなエネルギーを使います。
離婚後に落ち込み、喪失感で風俗に訪れる男性はよくいらっしゃいます。

30代半ばのイケメンKさんも離婚後に激しく落ち込み、私の働くソープに来店されました。最初の頃は話すだけでした。奥さんとの馴れ初めから離婚に至るまで、離婚に対する後悔をひたすら話すだけでした。

初回の接客後に、「次回指名でご来店されるな」とは思っていました。イケメンでも気持ちが弱っている場合は、ちゃんと寄り添えば指名は取れます。Kさんは精神的に弱っているようでしたし、拠り所を探している雰囲気を感じました。

2回めの来店以降は、プレイを促しても、「聞いててくれればいいから」と、ただただお話されることに相槌を打ちました。10回を超える来店になったあたりで、「そろそろ何かしようとしてもおかしくないのに、何でだ?」と不思議に思っていたのですが、その理由は後に判明します。

3ヶ月間、ほぼ毎週来ていたKさんは、いつもと同じように話した後にプッツリと来店されなくなりました。ですが、それから半年後にまた来店されるのです。

Kさんは自殺未遂をして入院していたそうです。離婚後に落ち込みを感じる自覚症状があったようですが、治療はせずに放置していたそうです。結果、自殺未遂をしたことでちゃんと鬱の治療ができて、表情も明るくなって帰ってきました。

鬱が良くなったKさんですが、離婚をきっかけにEDも発症していたようで、退院後は月に1回ほど来店してSEXができるか試すようになりました。結局3年以上Kさんは来店を続け、EDもお薬を飲めばコントロールできるようになりました。

物腰も柔らかく、性格のいいKさんは、実は今も友達です。引退まで私を応援してくださり、現役中に結婚した時はKさんにだけは報告したほどです。

今現在もKさんは風俗ユーザーです。「日本の風俗はカウンセリング代わり」と豪語して、疲れたり、落ち込むと風俗に出掛けます。今でもプレイをしない、話すだけの性格の良いイケメンは、風俗嬢に大人気に違いありません。

まとめ

イケメンも風俗を訪れます。理由はフツメンやブサメンの男性陣と変わりません。

イケメンは風俗嬢に好かれる場合もあれば、苦手に思われることもあります。好かれる理由は、やはり整った容姿に惹かれるからです。苦手な理由は、接客の難しさやイケメンに緊張してしまう等です。

ただし風俗嬢全員に嫌われるようなイケメンもいます。容姿を鼻にかけて上から目線のイケメンや乱暴なプレイをするイケメンです。

容姿がどうであれ、お客様はお客様です。見た目にとらわれずに、嬢とお客様の棲み分けを心したいものです。

また、「風俗はもてない男が行くところ!」なーんて決めつけずに、モテるイケメンだからこそわかる、風俗の良さをぜひ発見してほしいです。