1. TOP
  2. 夜遊び
  3. 現在のページ
ソープで童貞卒業を試みる男

ソープで童貞卒業!メリット・デメリットと店選びで気を付けるポイント

投稿日: 2022年10月08日

男性のなかには、童貞であることに焦りを覚えて、とりあえずソープで童貞を卒業しておきたいと感じる男性もいるのではないでしょうか?

しかし、いざ行こうとなると「一度もセックスしたことないのにソープで童貞卒業してもいいのか?」や「ソープは怖いイメージがある…」と葛藤してしまうかもしれません。

そこで今回は、ソープで童貞を卒業することのメリットとデメリットを解説します。

なぜソープを選ぶ必要があるのか?

童貞を卒業という成功の方法

そもそも一言で風俗と言っても、実は風俗にもいくつか種類があります。

「ヘルス」や「ピンサロ」という形態を耳にしたことがあるかもしれませんが、これらは基本的に本番(セックス)はできません。手コキやフェラで抜いて終わりです。

一方、「ソープ」はセックスまで行うことを前提としている店舗形態なので、風俗で童貞を卒業したいのであれば、ソープに行く必要があります。

ソープで童貞を卒業するメリット

ソープという「セックスをするためのお店」で童貞を卒業するからこそ得られるメリットがありますので、一つずつ解説していきます。

必ず童貞を卒業できる

1つ目のメリットは、必ず童貞を卒業できるという点です。

ソープの場合は、極端なことを言えば、女の子が手ほどきをしてくれるので、自分が何もしなくてもセックスをさせてもらえて童貞卒業できるのです。

しかも、最初に童貞だということを伝えれば、女の子もそれなりに配慮をしてくれます。

ソープで働く女の子は、いわば「セックスのプロ」です。
とりあえず童貞を卒業したい方やセックスの感覚を知りたい方にとっては、ソープに行くのが最も確実な方法と言えます。

彼女とセックスするときの練習になる

2つ目のメリットは、彼女とセックスするときの練習になるという点です。

カップルがセックスするときには、多くの場合、リードするのは男性です。
いいムードになって「いよいよセックス・・・」となったとしても、全然リードできずにグダグダになってしまうと、彼女も興ざめしてしまいますよね。

ソープであれば、キスに始まりフェラやクンニといった前戯、そして挿入までの一連の流れを一通り実際に体験することができます。

ただ、童貞であれば、最初はクンニや挿入がうまくできないかもしれません。
しかし、ソープなので失敗してもいいのです。

大好きな彼女との初めてのセックスが失敗に終わると精神的に落ち込んでしまいますが、ソープでのプレイは、「二度と会うことのない女の子だから失敗してもいい」くらいの気持ちで、開き直ってトライしてみましょう。

ソープで童貞を卒業するデメリット

一方で、ソープで童貞を卒業する際にはデメリットもあることを理解しておく必要があります。

女の子選びを失敗する可能性がある

1つ目のデメリットは、お店や女の子選びを失敗する可能性があるという点です。

ソープに限らず、風俗で遊ぶ際には、まずホームページや受付フロントで女の子の写真(パネル)を見て選ぶケースがほとんどです。
胸が大きい女の子やスレンダーな女の子、可愛い系や美人系など、自分の好みに合わせて女の子を選ぶことができるのです。

しかし、風俗において女の子を選ぶときに常に注意しなければいけないのが「パネマジ」です。パネマジとは「パネルマジック」の略で、その名の通りパネルの写真に加工が入っていることを指します。
このパネマジにまんまと騙されてしまうと、好みの女の子を選んだつもりでも、イメージとほど遠い容姿の女の子と対面してしまうことがあるのです。

せっかくの初めてのセックスなのに、全然タイプじゃない女の子相手だと気分も落ち込んでセックスどころじゃない、なんてこともありうるでしょう。

かといって、初心者がパネマジを見抜くのは至難の業なので、ネット上の口コミをうまく活用しましょう。
「このお店はパネマジが少ない」「この女の子は実物も可愛い」といった情報が見つかることもあるので、事前にチェックしていけばハズレ率を下げることができます。

また、のちほど述べますが、サービス面についても気を付けておく必要があります。
これはパネルやホームページ書いてあるわけではないので、容姿以上にヒントが少ないのが現実です。口コミなどネットの情報を地道に探していくしかないです。

素人では満足できなくなる

2つ目のデメリットは、素人では満足できなくなる可能性がある点です。

先に述べたように、ソープで働く女の子は「セックスのプロ」なのです。
フェラや手コキの技術もそれ相応のレベルの女の子ばかりなので、初めてそれを体験した童貞の方は、それが当たり前なのだと錯覚してしまうかもしれません。

セックスにおいても、ソープで働く女の子たちは男性がより気持ちよくプレイできるように腰の位置を調整したり、なかには膣トレをして締まりをよくするように鍛えたりする女の子すらいます。
しかし、素人の女の子でここまでセックスに力を注いでいる女の子はほとんどいないのが現実です。

ソープで味わった快感を忘れられず、それを彼女に求めてしまうと、満足できるものもできなくなってしまうのです。

童貞がお店選びで気を付けるポイント

価格 PRICE

じゃあどんなお店を選ぶのがベストなのか? という点ですが、メリットとデメリットを踏まえて、お店選びで気を付けるポイントを解説します。

料金は安すぎず高すぎずがベスト

ソープには激安店から高級店まで、様々な価格帯のお店が存在します。

激安店を選べば当然財布には優しいのですが、女の子のレベルやサービスも料金相応と考えた方がよいでしょう。

一方で、高級ソープで働く女の子は、容姿は可愛い、サービスや技術も高レベルといった子が揃っています。
「初めてのセックスだから完璧な女の子がいい!」と思う男性もいらっしゃるでしょうが、デメリットで述べたように、素人で満足できなくなってしまうリスクがあります。

その中間にあたるのが、「大衆店」と呼ばれる価格帯のお店です。

結論、大衆店を選ぶのが最も無難です。

ネット上の口コミで情報を集めておけば、高級店とまでは言わずとも、それなりの容姿と技術を持つ女の子がいるお店を見つけることは難しくありません。

サービス(接客態度)がよさそうなお店を選ぶ

口コミをうまく活用する、というお話をしましたが、その時に見ておくべきなのが女の子のサービスや接客態度がしっかりしているかどうか、ということです。

初めてのセックスは誰しもどうしても緊張してしまうものです。それを和らげてくれる接客ができる女の子が相手のほうが、間違いなくセックスもうまくいきやすいです。
サービスが悪かったり、事務的な接客をしたりする女の子の場合、童貞に対する手ほどきはおろか、会話すらまともにしてくれないこともあります。
そんな女の子相手のセックスではこちらも興ざめになってしまいますし、気分もよくないですよね。

女の子の容姿も重要ですが、それと同じくらいサービスも重要であると言えます。

ただ、容姿と違ってヒントが少ないので、サービスが悪い女の子と当たってしまっても、運が悪かったと割り切る覚悟を持つことも大事です。

まとめ

メリットとデメリットを理解しておけば、ソープで童貞を卒業するのも大いにアリです。
そして、お店選び次第でデメリットを最小限に抑えることもできます。

お店選びのポイントとして、以下を気を付けるとよいでしょう。

  • 料金は安すぎず高すぎない大衆店から選ぶ
  • 接客態度がいいお店を口コミから探す

また、初めてのセックスだからと言って、力みすぎないようにしましょう。

女の子はセックスのプロなので、失敗しないようにと思い込む必要はありません。
割り切って軽く遊びに行くくらいの気持ちでいた方が、純粋にソープを楽しめます。