1. TOP
  2. 女子力アップ
  3. 現在のページ

私って毛深い? 体毛が濃くなる女性の特徴と対処法

投稿日: 2022年10月04日

皆さんはいつから自分の体毛について気になるようになりましたか?

女性は今までの人生で一度は体毛について悩んだことがあるのではないでしょうか。
また、部位によっては他の人と比べづらい場所もあったりと、自分が毛深い部類に入るのか分からないという方も多いかと思います。

今回は体毛が濃い女性に共通する特徴を大公開! これに当てはまった方はもしかして人よりも体毛が濃いタイプかも…。
でも大丈夫!対処方法もちゃんとご紹介します。

まずは、なぜ体毛が生えるのか

なぜ体毛が生えるのか イラスト医師

脱毛が流行っているのだから、そもそも体毛なんて何で生えてるのさ? って人は多いのではないでしょうか。

産毛も含め、体毛の役割は主に三つあります。

一つ目は体温調節効果。
体温が高いときには毛が横になって熱の放出を促し、体温が低いときには毛を立たせて皮膚の上に空気の層を作り、熱を逃がさないように皮膚を保護します。

二つ目は外からの刺激から体を守るバリアー機能。

三つ目は感覚器官。
毛根の周囲には神経線維が豊富に含まれてため、体毛が感覚器官としての機能を果たすことがあります。

このように体毛は決して無駄に生えているわけではありません。ちゃんと体にとって必要な役目があって生えるものなのです。

「じゃあ脱毛しない方がいいの?」と思われるかもしれませんが、現代の生活において文化や技術の発展によって、体温調節もバリアー効果も補えるものが身の周りにはたくさんあります。

体毛を除去することで得られる美的効果の方が体毛の役割を果たすよりも価値観が勝っているということです。

体毛はいつから気になりはじめた?

ちょっと昔を思い出してみてください。
みなさんはいつ頃から体毛が気になりはじめましたか?

多くの方が「思春期に入った頃から」と答えるのではないでしょうか。
その理由は少しずつ意識が女の子から女性に変化してきて、周りの目が気になるようになったというだけではありません。
人間の体には性別関係なく、男性ホルモンと女性ホルモンが分泌されています。思春期になると身体の成長のためにこのホルモン分泌がより活発になります。
この時期を二次性徴期といい、女性らしい身体つきになっていきます。この時、女性の体でも男性ホルモンの分泌量が増えるため、今まで産毛程度だった体毛が太く濃くなってしまいます。
なので、この時期に体毛が気になり始めたという方が多いのです。

二次性徴期が終わり、ホルモンバランスが安定すると体毛が薄くなる方も多いです。

カミソリで剃っていませんでしたか?

剃刀で髭を剃る女性

体毛が気になってくるともちろんお手入れをしますよね。
実はそれが落とし穴だったりもします。

体毛の役割にはバリアー機能があり、外部からの刺激からお肌を守ろうとするために毛の量が増えたり、太くなることがあります。

刺激の強いお手入れでお肌にダメージを加え続けると、お肌を守るために毛深くなっていきます。

東洋医学では弱点を守っているという説も

東洋医学的な考え方では、体毛が濃くなっているところはその人が体の中で弱っている部分だという見方があります。
例えば肩甲骨の間の体毛が他の部位より濃いという人は、呼吸器が弱かったり風邪を引きやすいという見方をします。
腰から仙骨部分にかけて体毛が濃い人は冷え症や女性疾患、慢性的な腰痛などを持っている可能性があると見ます。

体毛は体を守っているものなので、東洋医学では体からのサインとして体毛の状態を見て判断することがあります。

家族的な遺伝も関係あり

両親のどちらか、もしくは両親共に毛深いことによる遺伝も関係します。顔や体形、体質が親に似るように、毛深さも親に似てしまうのです。

また、両親が毛深くないという人でも「隔世遺伝」という可能性もあります。
隔世遺伝とは祖父母などからくる遺伝のことです。遺伝というのは直結からのものが全てではありません。その次の子孫に遺伝することもあります。
両親のどちらも体毛が濃くない方も、祖父母など親戚に体毛が濃い人がいるならそこから遺伝している可能性があります。

病気が隠れている場合も…

女性では産毛しか生えないような場所に太く濃い毛が生えてきたという方は、「多毛症」という病気の可能性も考えられます。
多毛症とは毛が増える病気ではなく、本来産毛であるべき毛が男性のような太く濃い毛が生えてくることを言います。

多毛症の原因の多くは男性ホルモンによるものです。
また、多毛症は症状の一つで、その裏には副腎や甲状腺、卵巣の疾患が隠れている場合もあります。
ホルモン疾患(内分泌疾患)では多毛症の他に身体的な特徴が現れたり、倦怠感や食欲不振、月経異常などといった自覚的な症状などの様々な症状が現れます。
あなたにもし、アゴや太ももなどから太く濃い毛が生えるような症状がみられるようであれば、病院で血液検査を受けることをオススメします。

また、副腎や甲状腺のホルモン異常は遺伝が大きく関わっています。家族や親族内に同じ症状や内分泌疾患を持っている人がいないか確かめることも大切です。内分泌疾患は治療が必要な疾患ですので、思い当たる節がある場合は病院へ。

もう成人してるしそんなに毛深い一族じゃないのになんで? って人は…

生理

二次性徴期が終わってもなお、毛が濃いという女性は大勢います。
ここから先はそんな成人女性へ向けたお話し。

ここで一つ思い浮かべて欲しいのが、今現在のアナタの生活についてです。

ホルモンの分泌は思春期に活発になると言いましたが、それ以外でも常に分泌は続いています。
しかも女性のホルモンバランスは男性ホルモンに比べて常に変動しており、約1ヶ月間の周期で様々な分泌周期を繰り返しています。
その証拠が生理です。ホルモンバランスが崩れると生理が予定日よりも早く来たり遅れてしまったり、果てには止まってしまったという経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ホルモンバランスは生活習慣や環境によってとても影響を受けます。生理には一般的にエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが関与しています。このホルモンの分泌量が一定周期の中で増えたり減ったりすることによって身体が妊娠する体勢を整えたり生理が来たりするのですが、男性ホルモンには分泌周期はありません。常にほぼ一定量の男性ホルモンを女性も分泌し続けています。
女性ホルモンの分泌が減ってしまったり、分泌周期が狂ってしまうと体は男性ホルモンの影響を受けて体毛が濃くなるということがあります。
アナタの生理は順調に来ていますか?

同様に閉経も

女性ホルモンのお話しから閉経ももちろん関係してきます。閉経後に髭が生えるようになったという女性も少なくありません。

体の中で女性ホルモンの分泌が減ったことにより、男性ホルモンの影響が現れていきます。

また、男性ホルモンは量が増えると髪の毛が薄くなるという作用も。
実はこの現象は出産後にも起こることがあります。
通常女性は生理周期に伴い、女性ホルモンの分泌量に変動がありますが、妊娠中は女性ホルモンが常に分泌し続けている状態です。それによって妊娠を維持しているからです。
出産後は出続けていた女性ホルモンの分泌が通常時レベルに戻ります。それによって今まで抜けていなかった毛が抜けることがありますが、ホルモンバランスが戻れば抜け毛は次第に無くなっていきます。

ホルモンバランスを崩す原因

  • 食生活の乱れ
  • 喫煙習慣
  • 睡眠不足
  • 過度な食事制限やダイエット
  • ストレス
  • 生活リズムの乱れ

生活習慣を見直すことが改善への一歩

改善策はアナタ自身の生活習慣を見直すこと。まずは生理がきちんと来ているか把握して下さい。

生理周期がバラバラになっている人はすでにホルモンバランスが崩れている可能性があります。いま一度自分の体と向き合ってみてください。

毛深い悩みの対処法

これより先は体毛で悩んでいる方への対処法をご紹介します。
少しの工夫と心がけで毛量が変わるかもしれません。

生活リズムを見直す

みなさんはきちんと夜に寝て朝に起きるということが出来ていますか?
生活リズムが崩れると自律神経が乱れます。するとホルモンバランスの乱れに繋がる為、月経不順を引き起こすことも。

また、22時~2時の間は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、美肌効果のある成長ホルモンの分泌が活性化されると言われますが、正確には22時~2時以降にも成長ホルモンは分泌されるので、時間帯よりも良質な睡眠をとる事の方がホルモンバランスを整えるのに重要です。

食事内容を見直す

血糖値の上昇と男性ホルモンは深く関係しています。
そのため、血糖値が高い状態が続くと男性ホルモンの分泌が促されます。

GI値の高い食べ物を積極的に食べている人は食事内容の見直しが必要です。
GI値の高い食べ物の一例として、白米・パン・麺類・いも類・砂糖など甘いものや主食になるものがあげられます。

どれも避けては通れない食べ物ですが、食べ方や選択次第では血糖値の上昇を抑えることができます。
例えば同じサツマイモでも調理方法によってGI値は異なり、焼き芋よりもふかし芋のほうがGI値が低いとされます。

主食を選ぶ際もご飯を玄米に変えたり、麺を食べる時は蕎麦を選んだりすることでGI値を抑えることができます。

また、大豆には大豆イソフラボンという女性ホルモンと似た役割をする成分が含まれています。大豆食品や豆乳などを積極的に食事に取り入れてみて下さい。

ストレス解消法を見つける

ストレスは自律神経を乱し、ホルモンバランスの乱れを引き起こす原因になりますが、現代人にとってストレスは切っても切り離せないものです。

ストレスの影響を受けやすい人はストレスへの耐久性が低いため、様々な症状が現れてしまいます。

まずは自分にとって何がリラックス出来るのかを知ることが大切です。

リラックスさせる為やストレス発散の為に喫煙をする方もいるかと思いますが、実は喫煙も毛を濃くする一つの要因になっています。
喫煙者ほど各種男性ホルモンの分泌量が多いというデータも海外で発表されています。
明確な根拠はまだ解明されていませんが、要因である可能性が疑われ、毛が濃くなる可能性があります。

もしアナタのストレス発散法が爆食や喫煙になっていて、毛を薄くしたいと思うのであれば見直す必要がありそうです。

お手入れ方法の見直しを

サロンで脱毛する

ムダ毛処理の方法は何を使っていますか?
カミソリや毛抜きなどはお手入れ方法の中でも比較的刺激が強い部類になります。中にはしっかり剃りたいからといって毛流れに歯向かって剃っているという人はいませんか?
お肌への刺激が強い程、体を守る働きが活発になります。

お家で処理する場合はクリーム除毛など、なるべくお肌への負担が少ない方法を選んでください。

もし、カミソリを使う場合はローションやソープを使用してお肌との摩擦をなるべく減らす工夫を是非とも心掛けて。

不安であればクリニックやサロンに相談して下手に自分で処理しようとせずに、プロにお任せしてしまうのが1番安全で確実です。

クリニックやサロンとの相性も大切なので、口コミをチェックしたり、無料カウンセリングでしっかり悩みを相談して自分に合ったところを探しましょう。

毛深い原因を知ってちゃんと対処すれば大丈夫!

毛深い女性の特徴として

  • ホルモンバランスが崩れている
  • 月経不順がある
  • 身内で毛深い人がいる
  • 思春期である
  • 出産後である
  • 閉経が近い、もしくは閉経した
  • 自己免疫疾患がある
  • カミソリで処理している

などがあげられます。
当てはまるものはありましたか?

どの原因もそれぞれ対処法があります。体毛の悩みをコンプレックスにふさぎ込んでいたら勿体ない! しっかりお手入れして自分に自信を持ってくださいね。