1. TOP
  2. 結婚
  3. 現在のページ
サプライズプロポーズ

サプライズプロポーズは失敗する!彼女が断る理由とは?成功させるポイントは?

投稿日: 2019年01月30日

執筆者: さくら

結婚してください!と思いを伝えるプロポーズは男性にとってここ一番の決め所です。愛する彼女に驚き、感動してもらうためにどんなシチュエーションにしようかと秘密で計画する人は多いでしょう。しかしサプライズプロポーズは意外に失敗率も高いのです。そこで今回はサプライズプロポーズの失敗例と女性が断る理由について解説します。

サプライズプロポーズのシチュエーション別失敗例

場所とタイミングを吟味し、指輪や花束などのプレゼントを準備して大々的にプロポーズを決行した結果、お断りされてしまったらダメージは大きいもの。サプライズに選んだシチュエーションが元でプロポーズが失敗してしまうというケースがありますので具体例を見ていきましょう。

フラッシュモブ

海外発のフラッシュモブは近年急速に普及したサプライズの一つで、もはやプロポーズの定番ですよね。例えばディナーを予約したレストランのスタッフに事前にお願いしておき、タイミングを見計らって自分を含めた全員でダンス!華麗にかっこよく指輪を差し出してプロポーズをきめるという風になるでしょう。

動画サイトでもフラッシュモブでプロポーズをしているカップルはよく見かけ、感動!ハッピー!で締めくくられているケースは多いですが、一方で引いてしまう女性もいるということを知っておいてください。周囲の人の目が気になって恥ずかしく、派手なサプライズを躊躇いなくできる彼との感覚のズレを感じた。結婚したくないと思った、という声は一定数あります。

ヘリコプターをチャーター

サプライズプロポーズをするにあたってロマンチック度は高めたいですよね。ヘリコプターをチャーターしてキラキラの夜景を眼下にプロポーズ?というのも女性が憧れるシチュエーションで特別感はたっぷりです。しかし中には彼女が高所恐怖症だったり、乗り物酔いする体質だったというケースも。いくら甘い言葉でプロポーズされても怖くて喜ぶどころじゃなかった、自分を理解してくれていない演出にがっかりして好きな気持ちも冷めてしまったという実例はあります。

ケーキに指輪を仕込む

思い出に残るように誕生日や2人の記念日と合わせてプロポーズをしたいという人もいますよね。そんな特別な日にはケーキがぴったりで、彼女が甘いクリームに頬をほころばせていると中から婚約指輪が出てきて・・・というサプライズプロポーズを計画する男性も多いことでしょう。

けれどこのサプライズは指輪の仕込み方に注意が必要です。自分でケーキを購入し、直で指輪を入れた結果、彼女が知らずに飲み込んでしまって救急車を呼ぶはめになった。それが原因で破局してしまったという悲しい失敗例もあります。

ですのでケーキに指輪を仕込むサプライズプロポーズをしたい場合は、レストランのシェフや購入店にお願いして砂糖細工などで指輪本体を包んでもらい、フォークを入れた時にわかりやすくするなど安全と衛生面を踏まえての工夫をすべきです。

女性がサプライズプロポーズを断る理由

お付き合いしている恋人にサプライズプロポーズするからには驚き、感動してもらい、その場で笑顔のOKをもらいたいですよね。しかし男性側の期待とは裏腹に彼女は困った表情を浮かべたり、「少し考えさせてほしい」といった言葉が出る場合も。彼氏が一生懸命企画したサプライズを素直に喜べない、結婚したくない女性たちの事情や本音とはどんなものなのか見ていきましょう。

彼氏の将来性や経済面に不安がある

結婚というとおめでたくハッピーなイメージが先立ちます。素敵な挙式を挙げた後にはハネムーン!2人きりの新婚生活を満喫し、いずれは可愛い子供をもうけて、マイホームも購入し・・・と未来への夢が広がりますよね。しかしその将来設計にはいずれもお金が不可欠で、交際中には問題なかったことが結婚の壁として立ちはばかる場合があります。
例えば彼氏の現在の貯金額はどのくらいか?学歴は?職業の安定性はあるか?正社員かどうかなど相手のスペックを気にする女性は多く、現実主義の傾向が高めです。

いくら彼氏のことが好きでも将来性が見込めなかったり経済面での不安があるとサプライズでの即決は難しく、現時点でのプロポーズにはYESと首を縦に振れないという人もいます。

他にもっと良い人がいるかもしれない

役所に婚姻届を提出すると彼氏彼女の関係から昇格し、法的に夫婦であると認められます。結婚式では永遠の愛を誓うことでしょう。今後の人生を共に歩み、一生一緒にいる伴侶を決める覚悟というものは簡単に持てるものではなく、予期せぬサプライズプロポーズを受けたことで女性側に逆に2人の関係を考え直されてしまう場合があります。

例えば彼女の年齢がまだ若かったり、美貌に自信があったりすると、本当にここで結婚を決断していいのか?自分には他にもっと良い人がいるかもしれないという迷いが生じ、ごめんなさいに繋がる可能性も否めません。

彼氏の両親や兄弟と上手くいかなそう

男女の交際はお互いが好きで一緒にいて楽しければ成り立ちますが、結婚となると双方の家族とも繋がりを持つことになります。お盆やお正月、冠婚葬祭を含め、両親・兄弟・親戚とのお付き合いは避けて通れないもの。交際を続ける中で彼女を家族に紹介したことがある男性も多いでしょうが、その時彼女がどんな反応を示していたか思い出してみてください。世間には嫁姑問題という言葉があるように、彼ママとの価値観の違いや性格の不一致を感じたり、兄弟と折り合いが合わなかったりすると女性は将来に不安を覚え、いくらサプライズプロポーズが嬉しくても結婚を断ってしまうケースがあります。

仕事にやりがいを感じている

一昔前と違い現在は男女対等の時代ですから女性でもバリバリ働いてキャリアを積んだり、責任あるポストを任されて仕事にやりがいを感じているという人も多いでしょう。

しかし結婚して妻という肩書きが付くことで家事の負担が増えるかもしれない。子供ができれば産前産後は休暇を取らなければなりません。そうすると仕事に100%の情熱を注げなくなるのではないかと懸念して、プロポーズを断るケースもあります。

サプライズプロポーズを成功させるためのポイント

ここまでサプライズプロポーズの失敗についてお伝えしましたが、どうすればお断りを回避して彼女から結婚のOKをもらえるのでしょうか。サプライズプロポーズ成功の極意をまとめました。

まずは彼女の結婚に対する意識を見極めよう

サプライズプロポーズを計画する前に必須なのが彼女の結婚に対する意識確認です。男性側が結婚したくても彼女の方がまだ先でいいと思っていたらプロポーズは成功しませんので、無事に結婚にこぎつけるためには2人の気持ちが揃うことが何よりも大事です。

ですから2人きりのデート中や自宅でリラックスしている時にそれとなく彼女と将来について話してみてください。

もしも彼女が結婚に前向きで早くしたいということであればサプライズ計画を進めてもOKでしょうし、後ろ向きであればプロポーズに突っ走らずその原因を探るべきです。

彼女の結婚に対する不安を取り除こう

彼女と将来についての話をする中で結婚への不安や懸念事項があることに気づいた場合はそれを取り除く努力をしましょう。例えば男性側の貯金が少ないことがネックになりそうであれば、目標を決めお金を貯め始める。2人で一緒に貯金するというのもいいですね。

家事の負担が増えるのが心配なのであれば分担し、仕事を変わらず続けられるよう努力することを伝えるなど、彼女を安心させてあげることがプロポーズ成功への近道です。

彼女と結婚したい思いをさりげなく伝えておく

サプライズというのはいきなり予告せず仕掛けるものなので、プロポーズという人生の分岐点の決断においては彼女に戸惑いを与えてしまう場合があります。ですから男性側は直接の言葉ではなくてもお付き合いの先に結婚を考えていること、相手は彼女しかいないと思っていることをさりげなく事前に伝えておくとプロポーズまでのワンクッションになり、サプライズを喜んでもらいやすいです。

プロポーズのシチュエーションを決める際には彼女のタイプや体質も考慮に入れ、誠心誠意結婚したい思いを伝えればきっとうまくいくのではないでしょうか。