更新

沖縄県恩納村の真栄田岬「青の洞窟」で神秘的なデート!行き方・見所・楽しみ方

青の洞窟

沖縄の青の洞窟でアクティブ海デート。普段とは違った相手の一面も見られるので、ドキドキしてしまうかも。

非日常的な青い世界を二人で手をつないで泳いでいると、幻想的な雰囲気に包まれて、いつも以上にラブラブになれること間違いなしです。

シュノーケリングかダイビングで行くか、ボートに乗るかカヤックに乗るか、自分たちの好きなプランを選んで楽しみましょう。

名称:青の洞窟
住所:沖縄県恩納村真栄田469-1
URL:http://okinawa-aonodoukutu.com/

スポンサーリンク

1.青の洞窟とは?海の中でデートしよう

青の洞窟と言えば、有名なイタリアの観光名所を思い浮かべる人も多いかと思いますが、もっと身近に、日本国内にもイタリアに負けないところがあるのです。それが沖縄県恩納村の真栄田岬にある青の洞窟です。

沖縄県恩納村の真栄田岬

(沖縄県恩納村の真栄田岬の写真)

イタリアの青の洞窟は、テレビでもよく見かけることがありますが、ボートでしか入れない上に、波が高いと危険なため、天候によっては洞窟内に入ることができないことも多々あります。

しかし、沖縄の青の洞窟は近くまでボートで行くことはできますが、入るのは人間のみなので、高確率で見ることができます。

真栄田岬のある恩納村は、沖縄県の真ん中あたりに位置し、那覇空港のある那覇市から車で1時間、美ら海水族館などがある中北部からも1時間ほどの場所で、アクセスは良好です。

青の洞窟の見所

青の洞窟は、その名の通り見渡す限り青いです。

長年波で浸食されてできた洞窟の入り口から太陽の光が差し込み、その光が海底の白い砂に反射して海水が青く染まったように見えます。

青い光に満たされた海水が洞窟全体に反映するので、幻想的な空間となります。透明度の高いきれいな海水があってこその自然現象です。

まず、洞窟内に入った瞬間からすでに視界が青でいっぱいになります。ですがそれはまだまだ序の口。

人とぶつからないように、一方通行を守ってゆっくりと泳いでいきます。洞窟というと薄暗いイメージがありますが、海の中が青色でまばゆいばかりにきらきらと光っているので、とても明るいです。

奥行は35mにもなり、奥まで行くと天井が高い所もあるので開けています。洞窟内の最大深度は6mほどで、海水が非常に透き通っているので、深さに対しての恐怖感はあまり感じられません。

ただひたすら青く輝いていてきれいな洞窟が続くのですが、奥まで行って折り返した帰り道、ツアーガイドさんが絶好のポイントを紹介してくれます。

青の洞窟の絶好ポイント
(青の洞窟の写真)

ある地点まで行って振り返るように言われて見てみると…、今までで最高の青さを見ることができます。

ちょうど外からの太陽の光が合わさり、海水も洞窟の壁面も何もかも青く、その美しさは筆舌に尽くしがたいものがあります。言葉では表現しきれないほどの神秘的な美しさなので、ぜひぜひ実際ご自分の目で見てほしいと思います。圧巻です。

洞窟内には驚くほどたくさんの魚が泳いでいます。沖縄らしい、色とりどりのきれいな魚と一緒に洞窟遊泳を楽しむのもおすすめです。

2.青の洞窟の楽しみ方

青の洞窟への行き方はたくさんあるので、自分に合ったプランを選んで行きましょう。

ツアーを組んでいるショップが近くにたくさんあり、コースによって値段も様々です。それでは、代表的なツアーコースをご紹介します。

2-1.シュノーケリング

近くの海岸からシュノーケリングで泳いで洞窟に向かいます。浅い所から泳いでいくので、水に慣れながら洞窟に行くことができます。向かう途中、囲まれるほどたくさんの魚が泳いでいます。

2-2.ダイビング

離れた海岸などからボートで向かい、そこからダイビングで洞窟に入るプランです。

洞窟内で、水面にはシュノーケリングの人が泳いでいる中、魚と同じ目線で水中をダイビングで進みます。海底近くから見上げるので、よりいっそう青を楽しむことができます。初心者でも経験者でも楽しめるコースです。

2-3.ボート+シュノーケリング

離れた海岸などからボートで向かい、そこからシュノーケリングで洞窟に入るプランです。

ダイビングと違い、重い機材を背負う必要がないので、身軽に楽しめます。体力にあまり自信がない人におすすめです。

2-4.カヤック+シュノーケリング

離れた海岸などからカヤックを漕いで向かいます。

洞窟近くにちょっとした浜辺のようなところがあるので、そこに上がってから、シュノーケリングで洞窟に入ります。体力は使いますが、シーカヤック体験もできるので、より楽しいツアーになります。

3.体験談

私は5月の平日の朝からカップルで行きました。カヤック+シュノーケリングというよくばり3時間コースを選びました。

カヤックにはガイドさんが一人で一艘、私たちカップルで一艘乗り込み、シュノーケリングの道具を乗せて漕いで行きます。

思っていた以上に洞窟まで距離があったので、カヤック初心者の私はかなり腕が疲れましたが、二人で掛け声をかけあいながらリズムよく漕ぐのがとても楽しかったです。

海も穏やかなので酔うこともなく、景色を楽しみながら洞窟付近に到着です。浜辺に上がって少し休憩し、今度はシュノーケリングで泳いで洞窟に入ります。

実は私の彼は水が大の苦手で、泳ぐことはできるけど、恐怖を感じているのが顔にありありと出ていたので心配でした。

ですが、ガイドさんが持っている浮き輪につかまりながら進むので、すぐに落ち着き、あっという間に海のきれいさの虜になっていました。

浮き輪に捕まり青の洞窟を進むカップル

(浮き輪に捕まり青の洞窟を進む写真)

いざ洞窟に入る前、彼はなんと軽い閉所恐怖症があると言ってきました。ここまで来てダブルパンチです。ですが、しっかり手をつないで洞窟の奥まで進み始めると、そのあまりの青の美しさに感動して、恐怖心は湧き上がらなかったそうです。

たいていは水中を見ているので、あまり閉所を感じることはありません。差し込む太陽の光が明るいので、全然平気だったみたいです。

洞窟を出ると、しばらく自由に魚と戯れたりして遊びました。行きはあれだけ浮き輪を離さなかった彼ですが、帰りには一人で泳いだりできるようになっていて、本人も水恐怖症をずいぶん克服できたと言って喜んでいました。

帰りはまた自分たちでカヤックを漕がないといけないので、疲れた体に鞭打って動きます。でもそれも心地いい疲れなので、終始楽しいツアーとなりました。

4.青の洞窟ツアーを楽しむための豆知識

とにかく青の洞窟ツアーを催行しているショップがたくさんあるので、コースが充実しています。目いっぱい体験したいとか、予定があるので時間は短めにしたいなど、自分に合ったコースを選んで予約をしましょう。

沖縄県恩納村真栄田岬に向かうツアー客
(青の洞窟へ向かうツアー客の写真)

洞窟内で混雑することもあるので、人の多い土日よりも平日に行く方が、洞窟をゆったりと満喫することができます。

太陽が出ていれば、きれいな青色を見ることができるので、朝から夕方まで、幅広い時間帯に行くことが可能です。

また、水温も比較的高いので、冬でもウェットスーツを着れば泳ぐことができます。

5.青の洞窟がデートにお薦めの理由

二人の仲が深まります

二人で一緒にきれいなものを見るだけでテンションは上がるものですが、体験型なので思いで深く残ります。

カヤックなど、一人の力だけではないので、お互いに助け合い、頼り合いながら行うので、仲が深まります。

記念写真がいっぱい撮れる

たいていのツアーガイドさんがオプションで写真を撮ってくれます。

カップルでの写真をたくさん撮ってくれ、後でデータをくれるので、ツアー後も二人で写真を見て盛り上がることができます。

素敵な思い出になる

沖縄に来たら海に入る人も多いかと思いますが、ただシュノーケリングやダイビングをするだけではなく、神秘的な青の洞窟を見に行くのはより楽しい体験です。それをカップルで分かち合ったら絶対にすてきな思い出になります。

私たちカップルのように、水恐怖症&閉所恐怖症の人でも、それを克服できるほどの魅力が青の洞窟にはあります。

克服できたからこそ、より二人の絆も深まり、後々からも話題にして思い出に浸るほど、貴重な体験となります。ぜひ幻想的な世界に包まれてみて下さい。

ページトップへ戻る