更新

久米島のデート・観光スポット!ハテの浜とミーフガーの魅力と行き方

沖縄のデートスポット…沖縄は広いようで狭い、もういろんなところへ行きつくしたわという方もいるのではないでしょうか。

いや、まだまだ沖縄の魅力は深いのです。沖縄本島の周りにはいくつもの小さな島があることを知っていますか。そんな離島の一つである久米島へプチ旅行を兼ねて行ってみると日常を忘れて二人だけの素敵な思い出をつくりましょう。

スポンサーリンク

1.久米島への行き方

離島である久米島への行き方は二つあります。

一つは那覇空港より飛行機を利用する方法です。飛行機で行くのであれば片道35分、料金は片道で一万円前後で行くことができます。

もう一つの方法は、那覇泊港よりフェリーを利用する方法です。こちらのチケットですが、前日までに購入しておく必要があります。当日でも大丈夫なのですが利用する方は予想以上に多いこともあり、売り切れてしますことも。

フェリーで行くのであれば、片道四時間ほどかかりますが、料金は往復で六千円ちょっとですので、時間に余裕がある方はフェリーに乗り、沖縄の海、潮風を感じながらのんびり向かうのもおすすめです。

久米島に到着するまでに他の離島を見ることもできます。なかなか長いのでおやつなどの食べ物や、飲み物をもってフェリーに乗ることをおすすめします。

2.ハテの浜

久米島へ到着して行っていただきたいデートスポットは、ハテの浜というところです。ハテの浜までの行き方は小型の船で向かいます。予約が必要となりますので早めに調べて連絡しておくとスムーズです。

こちらへは水しぶきを感じながら15分ほどで到着します。このハテの浜は無人島です。到着した途端に目の前にうつる景色に日常を忘れてしまうほどの白い砂浜、青く透き通った海に感動すること間違いありません。

美しいハテの浜の海
(美しいハテの浜の海)

ハテの浜は「東洋一の美しさ」とも言われており、大袈裟だな~なんて思っていましたが、実際にこの絶景を目の前にすると東洋一という言葉は確信へと変わりました。おもわずカメラのシャッターをきると思います。

持っておくと便利なもの

  • 水着…水着を服の下に着ておくと、満喫度もアップします。
  • タオル…ハテの浜といえば海なので濡れたらふけるようにタオルは必須アイテムになります。
  • 飲み物、食べ物…ハテの浜でも飲み物など売ってはいますが、持参するのもおすすめです。ゴミは持ち帰りましょう。
  • 日焼け止め、日焼け防止…パラソルなどは有料で貸し出しもありますが、白い砂浜…照り返しがすごいので日焼け防止グッツも必須となります。
  • カメラ…この景色を残さず帰るなんてもったいないです。二人の思い出の1ページを増やすためにも。

ハテの浜での過ごし方

ハテの浜のビーチ

船の時間までは自由に過ごすことができます。

マリンスポーツもできるのでマリンスポーツをして過ごしたり、シュノーケリングをしたり、泳いだり、浅瀬は砂浜で写真を撮りあったり、きれいな砂浜で寝転んだりおしゃべりをしたり、ビーチフラッグなんかしたりして過ごします。

バギーにのりハテの浜を探索なんてこともできるので過ごし方は無限大。この景色だけでも満足すること間違いありません。

写真を撮れば、本当に画になります。この海で二人でキャッキャッ言いながら過ごせば開放的で自然に会話も増え、深い話まで発展したりします。嫌なことも忘れて最高の二人の思い出になること間違いない場所です。

無人島と言われると、トイレは?と心配になる方もいるかもしれませんが大丈夫です。島の真ん中にポツリと簡易トイレがきちんと設置されております。なんだか解放感。これで安心してアルコールも摂取できます。

3.久米島の子宝パワースポット

子宝奇岩「ミーフガー」が久米島空港を少し行ったところにあります。

子宝奇岩「ミーフガー」
(子宝奇岩「ミーフガー」の写真) 

ハテの浜の帰りにバスとタクシーを利用して向かいました。夕方だったので夕日とともに海岸沿いを進むと目の前に現れたのは大きな岩、ミーフガー。

ミーフガーの真ん中にあいてある穴は女性の象徴部分と言われており、子宝に恵まれるという噂を聞きつけて訪れてみました。

本当に大きな穴でした。

穴から見える向こう側の景色…空と青い海、波がなんともいえないものです。何か本当にパワーを感じることもできます。

実際に穴のところまで行くこともできるようだったのですが、他のカップルもいたので手前までにして、きちんと拝んで帰りました。

岩場なのでスニーカーなどがいいを思います。駐車スペースもきちんとありました。

久米島まとめ

実際に、わたしはなかなか子宝に恵まれなくてすごく落ち込んだり、悩んだりすることが多い日々でした。そんな時に気晴らしにと久米島へ訪れました。

本当に非日常的で、心も身体もとても澄んだ気持ちになることができましたし、なにより久米島を訪れた次の月に妊娠したことがわかりました。これもミーフガーのご利益なのかなと思っています。

たくさんのパワーと愛をもらうことができる久米島です。

飛行機で訪れれば久米島を十分に満喫して日帰りすることも可能です。フェリーで訪れれば日帰りだと物足りないものになるので、プチ旅行気分で一泊久米島に泊まることもとってもおすすめです。

離島ですがホテルは充実しているので、安心ですし、島ならではの食材を使ったご飯を食べることができるお食事処もたくさんあります。

きっと、二人にとって何かを得られることのできるデートになることは間違いないと思います。

ページトップへ戻る