1. TOP
  2. 四国
  3. 現在のページ

翠波高原のコスモスと具定展望台の夜景とは?四国で自然を楽しむドライブデート

更新日: 2017年12月17日

普段デートといえば、ディナーやショッピング、テーマパークや映画といった所を訪れるデートが一般的ではないでしょうか。

しかし、四国には都会にはない四国ならではの自然豊かでゆったりとしたデートスポットが多くあります。

ただし、四国は公共交通機関は発達していませんので、移動の際は自家用車もしくはレンタカーでの移動がおすすめです。

翠波高原:http://www.shikochu-kankou.jp/?page_id=42
具定展望台:http://yakei.jp/japan/spot.php?i=gujyou

スポンサーリンク

翠波高原とは?

この度おすすめしたい、四国のデートスポットは愛媛県四国中央市にある翠波高原です。翠波高原は、翠波峰一帯の標高760mに広がる高原で、花の名所として知られています。

翠波高原の菜の花
(翠波高原の菜の花の写真)

元々は昭和48年頃まで乳牛の放牧地として利用されていましたが、昭和58年に再開発が行われ、現在の公園施設になりました。

約4ヘクタールほどの花畑には、毎年8月上旬から9月上旬にかけてコスモスが満開になります。

翠波高原のコスモス
(翠波高原のコスモスの写真)

第1園が一番大きく2ヘクタールに20万本、そして第2園にも約1ヘクタールに10万本の合計約30万本のコスモスが咲き誇りとても美しい眺めを楽しむことが出来ます。

県外からも多くの人が訪れ、思い思いに花を楽しみ、写真撮影をしている光景を多く見かけます。

第3園には、約1ヘクタール全面にミツマタが地元ライオンズクラブにより6000本植樹されています。

開花時期にはコスモス祭りも開催され、高原一面に咲き乱れる可憐なコスモスを背景に各種イベントも催され、その時季を狙ってデートをするのもおすすめです。

また、春はナノハナが約30万本、4月中旬から5月中旬には米国から里帰りの「ワシントン桜の園」のソメイヨシノや八重桜も楽しめ、季節毎の美しさを楽しむことが出来ます。

その他翠波高原の南には柳瀬ダムの建設によりつくられた広大な人造湖である金砂湖があります。

その湖に隣接した公園に架かる真紅の平野橋はシンボルとして地元の人々に親しまれています。

山々の緑と調和した水車小屋を始め、柳瀬ダム建設の歴史などを紹介する資料展示館、子供たちが楽しく遊べる船型遊具、炭舗装に整備された遊歩道などがあり、澄んだ空気とともに自然を満喫できます。

また、釣りやジェットスキー、キャンプなどのアウトドアも楽しめ、自然と触れ合う最適の場所となっています。

魚釣りではアマゴなどの美しい清流でしか生きられない川魚が多く生息しており、泳げば肌に刺さるような冷たい川の水の流れを楽しめます。

他にも、そのまま新居浜方面へと梅雨時期に走れば、アジサイロードが続き美しいアジサイを楽しめます。

都会の喧騒に疲れたという人には大自然に恵まれた美しい場所となっており、カップルで訪れてもロマンチックなデートスポットとなるでしょう。

四国最大級の夜景スポット具定展望台

また、翠波高原に上がる途中にある800m級の山脈を抜ける国道の途中に、オレンジ色にライトアップされた具定展望台があります。

この展望台は眺望がすばらしいことで有名で、四国では有名な夜景スポットともなっています。

展望台からは、瀬戸内海沿いに単一工場としては世界規模を誇る製紙工場地帯と町明かりが視野180度のパノラマで広がります。その光景は雄大で、四国最大級の夜景スポットといえるでしょう。

具定展望台からの夜景
(具定展望台からの夜景)

頭上には満点の星空、目の前には瀬戸内海に浮かぶ小舟や外国よりの大型タンカーの光、そして両サイドには工場地帯と町明かりが連なります。

なお、展望台は2014年にリニューアルされ、間接照明によるアプローチに、バリアフリー化など充実した設備になっています。

スポンサーリンク

四国中央市街でグルメを堪能

そして、大自然を楽しんだあとは四国中央市街でグルメを堪能してはいかがでしょうか。
瀬戸内に面した燧灘からは、新鮮な魚介類が豊富に水揚げされおいしい料理に舌鼓をうつことが出来ます。

寿司も江戸前ではなく瀬戸前などとのれんがかけられ、瀬戸内の新鮮なネタを使ったものが多く提供されています。

江戸前と少し違うところは、ひかりものや貝などのネタが少なく、タイやブリ、ハマチ、生クルマエビ等地元ならではのネタが豊富に揃えられています。

また、庶民的なグルメとしては、焼き鳥のお店が多く存在します。

が、普通皆さんが想像される焼き鳥といえば、串にささったものを想像されると思いますが、四国中央市では鳥といえば、鶏肉を揚げたものを差し串には刺さっていません。

人気なのは、鳥脚を塩で味付けしたものを揚げガーリックパウダーをまぶして食べる鳥脚やザンギ(胴体部分の肉に細かいパン粉をつけ味を付けず揚げたもの)です。サービスでつく生キャベツをかじりながら食べると食がすすみます。

クリスマス時期は地元民はこの鳥脚でクリスマスを祝うほど、愛されているソウルフードです。

ロマンチックなデートディナーを求める方には少し庶民的すぎると思いますが、しかしとても美味しい地元でしか味わうことのできない逸品です。ぜひ、一度は食べてみることをおすすめします。

この四国中央市は海と山に挟まれ平野が横長く広がっている地形となっており、平野部は狭いのですがその為、一度に海と山両方を短時間で堪能することが出来ます。

また四国中央市は四国の高速道路の、いわば交差点のような場所となっており、四国中央インターからは、松山方面、香川方面、徳島方面、高知方面とすべての四国の地域にとてもアクセスしやすい場所となっています。

もう少し他に足を延ばしたくなった時は、そのままドライブで道後温泉、四万十方面や鳴門方面などに高速であっという間に訪れることができる立地条件となっています。ぜひ、遊びに行ってみませんか?