1. TOP
  2. 男心
  3. 現在のページ
ドS彼氏を象徴する画像

ドS彼氏の特徴10個!愛情表現やセリフから傾向がわかる

更新日: 2018年10月27日

執筆者: tamutamu

少女漫画や恋愛ドラマ、青春映画ではよく「白馬に乗った王子様」的なキャラが出てきますが、近年はそれ以上に人気のキャラが存在しています。

多くの女性向け作品において必ずといっていいほど描かれるキャラクター、それが「ドS男子」です。

二次元だけでなく、現実の世界でもそうした「ドS」な人を彼氏にしたい、という女性は多いかと思いますが、今回はそんな「ドS彼氏」の特徴を、10個に分けて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

独占欲が強い

男性の脳 イメージ

基本的に、男性というものは女性よりも「所有欲」というものが強いと言われています。
動物で言う、縄張り意識のようなものに根差したいわば本能的なものなのですが、ドS彼氏の場合はこの欲求が通常以上に強いのです。

「自分だけを見ていてほしい。」「自分以外の男になびいてほしくない。」
そうした気持ちから、彼女のことを強く束縛してしまいがちなのがドS彼氏なのです。

例えばLINEは読んだら何分以内に返さなくてはならない、異性がいる場合は出かけてはいけない、服装はこういうものを選んで着なくてはならない、何時までには家に帰らなくてはならないなど、束縛の程度や内容は様々です。

そして、相手が自分の意に沿わない場合は、わざと冷たい態度を取ったり無視をして、自分に対して目を向けるようにするのです。

反面、相手からの束縛はあまり好きではなく、LINEをあえて既読無視するという人もザラにいます。

小さないじわるをする

小学生や中学生くらいですと、「好きな子にちょっかいを出す」という男子はいませんでしたか?
ドS彼氏の場合も、それと似たようなことをするのを好みます。

例えば、彼女の持ち物をそれとなく隠したり、待ち合わせ場所とは違う場所に隠れたり、といった具合です。

他にも多種多様ないじわるやいたずらをすることがありますが、その根底には「こんなことをしても、自分のことを嫌いにならないで欲しい」という愛情の裏返しの気持ちが込められているのです。

スポンサーリンク

彼女の困っている顔が見たい

お酒を飲んで絡む男に困る女性

先程、いじわるをするのは愛情の裏返しである、と書きましたが、こちらの気持ちに基づいていることもしばしばあります。

ドSな彼氏というのは、とにかく彼女が自分のために一生懸命でいてくれることを好みます。そのため、ちょっと難しい要求をして、それを何とかこなそうと必死になってくれる表情に対して快感を覚えるのです。

「俺のこと好きなんだから、これくらいできるだろ?」という具合で、恥ずかしがり屋な彼女に公衆の面前でキスを要求したり、といったこともするものなのです。

自分に対して必死にさせたい、尽くさせたい、困っている顔を見たい。
そのために日夜、難題を思いついては彼女に吹っ掛けるので、女性としては非常に厄介な性格であると言えるでしょう。

楽しそうに毒を吐く

性格の悪い人というのは、単純に相手の欠点や問題点を指摘し、それを言い終えた自分に対して満足して終了してしまいます。

一方、ドS彼氏はというと、彼女に対して毒を吐くことももちろん楽しんでいるのですが、むしろその後の彼女の反応をこそ楽しんでいるものなのです。

「お前ってほんと料理ヘタクソだな。」「こんなのも取れないなんてチビだなぁ。」など、テンションによっては心がぽっきりおられてしまうようなひどいことも平然と言い放つわけですが、この言葉自体には本当はそこまで悪意はこめられてはいないのです。

自分が彼女にこうした毒を吐いたことに対し、「はぁ~?違うしっ!」といったように、凹むのではなくやり返すくらいの気持ちでの応酬をのぞんでいるのです。

だからこそ、ドS彼氏は本当に彼女が傷つきそうなことは言いません。
もしも女性が本当に気にしているコンプレックスにトゲをさすのなら、それはドSを気取ったただの意地の悪い男でしょう。

彼女を泣かせたがる

泣く彼女

泣かせる、といっても暴力をふるうわけではありません。

たとえば、何かあって彼女が落ち込んでいるときに、さらに追い打ちをかけるようなことを畳みかけて泣かせたり、ホラーが苦手な彼女にわざとそうした映画を見せて泣かせたり、といった感じです。
こうした行為の根底には、ドS彼氏の「優越感」が関係しています。

彼女の涙を流させ、弱さをさらけ出させることで、「こいつは俺がいなきゃやっぱりだめだ」「まもってやらなきゃダメなやつなんだ」という思いを感じたいために、彼女の泣いている顔を見ることを望むのです。

ですがこれも、本心では彼女を傷つけるためのものではなく、彼女への優越感と共に「守ってあげたい」という思いもまた感じているのです。

気の強い女性が好き

何でもかんでも自分の言いなりになってしまうような女性を、本当のドS彼氏は好きにはなりません。なぜなら、それでは面白くないからです。

むしろ、自分の言動に対して反発し、しかし最終的には屈服してしまうような女性にこそ快感を覚えるのです。

普段は凛として強いイメージを抱かれている彼女が、自分の前でだけは弱い部分を見せてしまう。そこに、ドS彼氏は特別感を抱くわけです。

「俺はドSだから、何にでも従順なドMな女性が好き」という男性は、つまりは偽者なんですね。

基本的にクールで無口

ドSな彼氏というのはあまり多くを語りません。
なぜならば、彼女に自分の気持ちを「察する」ことを強いているからです。

もちろん、普段の人間関係においては愛想よくふるまったりすることも当然できるわけですが、仲良くなっていくほどにSさを出していき、最終的には「お前は俺の彼女なんだから、今どうしてほしいかわかるだろ?」と、しゃべらなくてもわかってもらうことを期待しているのです。
そのため、ドS彼氏というのは非常に理解するのが難しい、面倒で厄介な存在なのです。

自分に対して自信がある

自信に満ち溢れた男

先に説明したように、多くを語らないドS彼氏ですが、そこには何事にも自分自身の力だけで向き合い解決し、困難を乗り越えてきたという過去の経験から裏打ちされた「自信」に起因すると考えられます。
ですから、社会的な面では非常に能力が優秀であったり、才能に長けていることが多いです。また、容姿端麗である場合も「ドS彼氏」になり得る要素の一つです。

ですが、何事も一人でできてしまい、周りより秀でているということが災いし、他者に対して弱みを見せたり、どれほど辛くても誰かに助けを求めることが出来ない、という孤独な面も併せ持っているのです。

ですので、ドS彼氏は本当は繊細で傷つきやすく、脆い部分もあるのだという「弱さ」をきちんと理解してあげることが大切です。

頼りがいがある

男性を頼る女性

ドS彼氏というのは前述の通り、何かに優れていることが多いです。
そのため、人によっては非常に面倒見が良かったり、世話好きな場合もあるのです。
また、決断力に優れているのもこのような男性に多くみられる特徴です。

普段はいじわるなことを言って傷つけたり困らせたりしつつも、いざというときにはその力を彼女のために発揮して、ピンチから救ってくれる。
そうした一面があるからこそ、ドS彼氏というのは女性から大きな魅力を感じられているのでしょうね。

愛情表現をたくさんしてくれる

天邪鬼でなかなか自分の気持ちに素直になれないドS彼氏ですが、少しひねくれた方向ではあっても彼女に対してたくさんの愛情を注いでもくれます。

夜の暗い帰り道で、本当は全く変える方向が違うのに何かしらの言い訳を言いながらついてきてくれたり、プレゼントなんてくだらない物は用意していない、とうそぶきながら、彼女の誕生日にサプライズで何かを渡してくれたり、変化球ばかりの優しさかもしれませんが、彼女を思っての行動をドS彼氏はしてくれるのです。

でも、間違っても自分の本心を伝えてはくれませんし、聞こうとするとすねたりしてしまうかもしれません。
だから、彼女側としては察してあげることが大切になってくるのです。

こうしてまとめてみると、大人気漫画『花より男子』の道明寺は生粋の「ドS彼氏」であり、主人公の牧野つくしはそうした男性の理想的な相手なのだということがしみじみと感じられました。

普段はいじめてくるけど、頼りになって本当はとっても愛情深い。
そんな「ドS彼氏」をぜひぜひゲットしてくださいね。