1. TOP
  2. 恋愛心理
  3. 現在のページ
デートに着ていく服を選ぶ女性

初デートは何色の服を着る?色が与える心理的イメージから、初デートのおすすめ4カラー!

更新日: 2017年12月17日

ドキドキの初デート!どんな服を着ていこうか女の子なら必ず迷いますよね。そこで今回は色が与える心理的イメージから、初デートのおすすめ服を4つ厳選しました。

彼にどんな風に思われたいかを考えながら、自分にぴったりな色を選んでみてください。

スポンサーリンク

優しく可愛いイメージ→→ピンク

ピンクの服を着た女性

まさに女の子!デート!といえばやっぱりピンクですよね。ピンクは「優しさ」「愛情」を意味するカラーです。初デートのときには、パステルピンクなど薄い色味のピンクがオススメです。

薄い色味のピンクは医療現場でもよく使用されており、「癒し」効果があると言われています。包み込むようなフワフワのピンクで、彼を癒す可愛らしさを演出できます。

服に合わせてメイクもピンク系に、香水やボディーソープもローズ等の花をモチーフにしたものを使用すると、より効果的でしょう。

年齢的にピンクはちょっと・・・という方はバッグやアクセサリーなどの小物でも良いのでピンクを取り入れましょう。ピンクには「恋愛運UP」の効果もあります。

清楚で明るいイメージ→→ホワイト

白い服とアクセサリー

白には「純白」「清潔」といったイメージがあります。勿論ですがウェディングドレスも白ですよね。「汚れのない」「あなただけのもの」という意味合いも込めて初デートにはぴったりの色です。

白色はトップスに持ってくると良いでしょう。というのは、白は膨張色なので、ボトムスにはオススメしません。足が太く見えてしまいます。また、白のトップスは顔周りを明るくする効果があります。

丸顔を気にされている方はVネックの白トップスをチョイスしましょう。デコルテが綺麗に見えるので、顔痩せ効果があります。

白は汚れやすい色でもあるので、必ず別色の上着を持っていきましょう。上から羽織るものがあれば、体温調節にも役立つので一石二鳥です。

スポンサーリンク

さわやかで知的なイメージ→→ブルー

知的なブルーのスカート

「さわやか」「落ち着き」を表す青色は、ちょっと大人なデートにはぴったりの色です。深い青は「悲しみ」を連想させてしまうので、初デートの際は深い青でなく、スカイブルーなど水色に近い色味を選びましょう。

青色には「集中力を高める効果」もあります。初デートは青色の服を着て、彼にしっかり自分だけに集中してもらいましょう。

青色は「知的さ」を貴女にプラスしてくれる色です。彼が年上の場合、ピンクや白で可愛く攻めるのもありですが、敢えて青色で挑んで、彼と肩を並べて歩くのも素敵かもしれませんね。

また、青色は自然に近い色です。海、川、空、雨、どんなシーンでも青色の服は絵になるので、様々なデートに対応力があるといえるでしょう。

やすらぎがあり温和なイメージ→→グリーン

グリーンのドレス

緑は黄色と青色を混ぜて作り出されます。青色は前項でご説明しましたが「落ち着き」を、黄色は「希望」を表します。この2色の中間色が緑であり、「やすらぎ」「安定」を表します。

緑色は他の色と「調和」が取りやすい色なので、初デートがグループデートや人の混雑している場所の場合は有効的です。

緑色というと最近流行しているカーキがありますが、初デートにはお勧めできません。というのは、カーキは軍隊を連想させる色で、友達同士ならともかく、初デートにはあまり適しているとは言えないでしょう。

男性は、女性の流行に疎い人が大半です。流行に乗りすぎるよりは確実に清楚な服で王道を攻める方が安全策だと言えます。

緑には「癒し」の効果もあります。毎日仕事で疲れている彼の一番の癒しの時間を、まずは貴女の服装から演出してみましょう。

最後に

最後に初デートにおける「色の選び方ポイント」を2つご紹介します。

1つめは「いつも着ている服と違う色を選ぶこと」です。いつも着ている服と違う色を選ぶことで「なんだか雰囲気が違うな」「今日のために特別にお洒落してきてくれたんだな」と男性に思わせることが大切です。

2つめは「季節に合わせること」です。夏なのに茶色や黒色を着たり、冬なのに黄色やオレンジ色を着たりすると、男女問わずお洒落じゃないですよね。

服は食べ物と同じで「旬」があります。「旬」な服に、あなたの「彼に思って欲しいイメージの色」をプラスしていくことで最高のコーディネートを見つけてみましょう。