1. TOP
  2. デートスポット
  3. 近畿
  4. 現在のページ
神崎農村公園ヨーデルの森 入口

神崎農村公園ヨーデルの森に行ってきました!見どころや楽しみ方をご紹介

更新日: 2018年10月27日

執筆者: 亀田敬介

兵庫県のドまんなか!神河町の山間に、その村はひっそりと存在します。それは、神崎農村公園ヨーデルの森!雄大な自然の中で暮らす動物たちは、どいつもこいつも、すっごく、のんき!
のんびりと1日を過ごすだけで、きっと癒されること間違いなしです。

おべんとうを持ち込むもよし、バーベキューやバイキング、カフェレストランもありますよ。動物好きならハズレ無し!パートナーを誘って、図々しいくらい個性的な動物たちと遊びましょう!

騙されているのではと思いながらクルマを走らせる

神崎郡神河町。
ここは山です。
一言で言って、山です。

どこまでも続く青々とした山並み。
クルマも少なく、穏やかに流れてゆく国道312号線。
はたしてこんなところに、わいわい楽しめるような、そんなデートスポットがあるのだろうか。
人に教えられ、はじめてそこに向かったときは、わたしも半信半疑でした。

神崎農村公園、ヨーデルの森。

神崎農村公園ヨーデルの森の園内の様子

なぜヨーデルなのか。ハイジなのか。
農村ということは農民とかいるのか。
そもそも大の大人が遊べるスポットなのか。

いろいろな雑念を浮かべながら辿り着いたとそこは、
…間違いなく、楽園であったのでした。

時間無制限・猫ちゃん触り放題!

ヨーデルの森はとにかく広かった…。
20ヘクタール、東京ドーム4個分の敷地面積。
このめちゃくちゃ広い”村”は複数のエリアで仕切られています。

入場料を支払い入村を果たすと、最初に目につくのが、”ふれあいにゃんこ村”です。

入ると、そこは、猫、猫、猫!
茶色い猫! グレーの猫! 毛の長い猫! やたらとデカい猫!
猫の楽園です。
そしてなぜか混ざっているペキニーズ犬。きみはにゃんこじゃないだろう?

ふれあいにゃんこ村。
その建物の中には、たくさんの、多種多様なにゃんこたちが、自由気ままに遊んでいるのです。
すっっっごく、かわいい。
しかもみんな個性があり、座っていると寄ってくる人懐っこい子もあれば、入ってくる客なぞなんのその、猫ベッドに寛いで毛づくろいばかりしている子などなど。

垂れ耳のかわいいスコティッシュホールド、もこもこで体格の大きいフォレストキャット、そして我先に駆け寄ってくるペキニーズ犬……きみはにゃんこじゃないだろう!かわいいけど。

ヨーデルの森に時間制限はありません。
いちど入村を果たせば、その日は一日、遊んで暮らせるのです。
つまりずっと猫ばっかり構っていることも可能です。

ちなみにミーアキャットも同じ建物中に居て、こちらはエサやり体験が出来ます。
きみもにゃんこじゃないだろう…

水の生き物、牧場の生き物

神崎農村公園ヨーデルの森の川で遊ぶ人達

少し歩くと水辺の生き物エリアになります。
こちらにお住まいになられているのはケープペンギンの群れと、2頭のアザラシ。

まいにち決まった時間、ペンギンたちにはエサやりタイムが用意されています。
スタッフさんから受け取ったおさかなを、彼ら目掛けて投げつけるのです。
素直に追いかけるペンギンたちのかわいいことかわいいこと…。

エサやり体験はアザラシにも行われます。
メスが2頭、プールの中で暮らしているのですが、彼女たち、なぜか、つねに喧嘩してます。

たぶん片方が強いのでしょう。
気弱な方がエサを先に取ろうとしたときに思いっきりビタァァンとビンタしたのには笑いました。

さらに奥に進むと、アルパカの牧場が見えてまいります。

ヨーデルの森 アルパカ

こちらは有料のエサが常備されていて、持って歩くと追いかけてきます。
特徴的な歯を器用に使ってキャベツとかをもりもり食べてくれます。
かわいいものです。

同じように、馬や羊の牧場もあります。
こちらも有料のエサを使っての餌付け体験が出来るほか、お馬さんには乗馬体験もお願いできます。

小さい子供でも乗せてくれるので、こわくないですよ。

触れ合えるいきものたち

さて、ヨーデルの森、一番の目玉がこれだと思います。
“わんちゃんと小動物”。
いわゆる動物ふれあいコーナーです。

このカテゴリは3つの区画に分かれています。

ひとつは犬!
ひとつはカンガルー!
そしてその他小動物!

犬はこれもまた多種多様な犬種が集っております。
猫と違って向こうから寄ってきてはスンスンと匂いを嗅いできます。
ナデナデすると、簡単にころーんと転がって…ああ、素直で、かわいい。

カンガルーは癒しです。
彼らは媚びません、まったく媚びません。
牧草の上に自由に寝転がって、尻を掻きながら草とか食ってます。

ときおり面倒くさそうにこっちを見ては…すぐに寝直して草をくっちゃくっちゃ。
まるでおっさんです。

でも、触っても怒りませんし、急に動き出したりもしない温厚な方々です。
癒されます。

で、その他小動物のコーナーですが、ここにいらっしゃるのは、ほんとうに色々な生き物です。

カメ、うさぎ、モルモット、あひる、ホロホロチョウ、そして、カピバラ。

のんきなヨーデルの住人達でも、とくに一番のんびりしているのは、間違いなく、カピバラさんたちです。

カピバラさんたちは、マイペース。

ふんすふんすと鼻を動かし、敷地の中を、のんびりと歩き回って居たり、あるいは、あひるが泳ぐ池の中に躊躇いなくドボン。
遠慮も躊躇もありません。

しかもみんな、撫でられるのが大好き。

カピバラ ヨーデルの森

たわしみたいな毛並みを、こちょこちょこと掻いてあげると、『もっと』と言わんばかりにその場にゴロン。なんだこいつは図々しいなあと笑ってこちょこちょしていると、他のカピバラまで集まってきて『おれも』『おれも』という顔でこちらをみる。

挙句の果てには水浴びしていたやつまで寄ってきて『なあええやろ? ワイもたのむわ』という表情に。

このコーナーにも、エサのボックスがありまして、お金と引き換えにエサやり体験が出来るのです。
これがまた面白い。

カピバラさん、フォークから直に貰ったときは、おいしそうに食べるのですが、手元が狂ったり、歯が当たったりして、いちどエサがフォークから地面に落ちると、『あれ…?ない…。ごはん…どこ…』と言わんばかりのしぐさで、見失ってしまうのです。
もう一回刺し直せば『あった…どこ隠してたん…?』とまた食べ始めるのですが、いくらなんでもノンビリしすぎですよ。

オーガニックなお食事処

農村と言えば自給自足です。
ヨーデルの森にも畑があり、そこで獲れた作物は、園内のバイキングレストランなどに提供されております。

そうです、ごはんを食べるところも、村の中に内包されているのです!

お食事処は3つあります。
カフェレストラン『ベルク』
バーベキュー『アルペンローゼ』
そしてバイキング『エーデルワイス』!

今回お勧めしたいのは『エーデルワイス』。

ヨーデルの森 レストラン

地元や村内でとれた野菜を存分に使った料理や、自家製のパン、
ソーセージやハンバーグなどの肉料理に、おいしいデザートまで!

バイキング形式ですのでいちどお金を払えば食べ放題です。
80分のあいだ好きなだけ、たくさんのお料理を、心行くまで堪能できるのです。

どれもおいしく、そしてヘルシー。

食べ過ぎて動けなくならないようにだけ注意しないといけませんよ。

そして華麗なる動物ショー

個人的なハイライトはカピバラさんたちなのですが、一番派手で、そしてビックリするほど鮮やかなのが、毎日決まった時間に行なわれるドッグショー・バードショーでございます。

まずはバードショー。

ヨーデルの森 バードショー

こちらは、訓練された猛禽類が、スタッフの指示に従って飛び回ったり、観客席すれすれをすごい勢いで滑空してみたりと、迫力いっぱいの飛行ショーとなっております。

どこからともなく飛んできては鮮やかに舞う彼らの姿、かなりの見ごたえがございますよ。

そして、ドッグショー。

こちらは3部に分かれております。
まず、杖と笛で誘導し、ヒツジの群れを管理させる牧羊ショー。
犬の動作もさることながら、スタッフさんの動きが鮮やか。
羊飼いの杖ってそうやってつかうのか!と感動すること間違いなしです。

後半は””アジリティー””と呼ばれる、犬の障害物競走です。
まず、愛らしい小型犬が、トテトテ、トテトテ、と、一生懸命にコースを走る様を見せていきます。
それがゴールし、拍手が止んだところで、めっちゃシュッとしたイケメン犬が出てきてものすごい勢いでそのコースを走破して見せます。
2匹のギャップがものすごい…。

最後はフリスビーを投げてキャッチさせるショー。
これもまたスタッフさんの動きがすごい…。
そしてそれについていくワンちゃんもかっこいい…。

ショーは始まる前に村内放送でアナウンスされます。
ぜひともご覧くださいませ!

ヨーデルの森 ショー

大満足の帰路

入村前は胡散臭い気持ちでいっぱいだった自分が、日が沈むころには、帰りたくなくなっているというこの不思議。

お子様連れも多く、ファミリー向けと思われがちなスポット(らしい)ですが、この魅力はそれだけに留まりません。

きれいな空気、おいしいごはん、そして触り放題の犬・猫・カピバラさん!

ささくれ立った心も、この村はきっと癒してくれるでしょう。

仕事で疲れたパートナーに、ちょっと喧嘩してギスギスしてしまった相方に、あるいはごく単純にどうぶつ大好きな恋人同士に!

ぜったいおススメのこのスポット、みなさんもどうぞご入村くださいませ!

神崎農村公園ヨーデルの森
兵庫県神崎郡神河町猪篠1868
営業時間:10:00~17:00(曜日・時期によって変動在り。公式HPを確認してください)
定休日:なし
※冬季12月~2月(年末年始を除く)の平日は休園いたします。
※年末年始は営業いたします。
※冬季12月~2月の営業時間は10:30~17:00です。
URL:http://www.yodel-forest.jp/index.php