1. TOP
  2. 結婚
  3. 現在のページ
結婚式はしたくないという女性

「結婚式はしたくない」という彼女の10の本音

更新日: 2018年10月27日

執筆者: 加藤光一

結婚する時、多くの女性は「ぜひ結婚式をしたい」と思うものです。「できるだけすてきな式にしたい」と考える女性も少なくありません。

しかし、中には「結婚式はしたくない」という女性もいます。彼女からそう言われると、男性は「どうして?」と首をかしげたくなるでしょう。

ここでは、どうして式をしたがらないのか、「結婚式はしたくない」という女性の本音、心理について見ていくことにします。

1.彼氏に経済的負担をかけさせたくない

「結婚式したくない」と口では言っていても、「本当はやりたい」と思っているケースが少なくありません。

では、どうして本音ではやりたいと思っているのに「やりたくない」と言うのか、理由として多いのが、「彼氏に経済的な負担をかけさせたくない」というものです。

大々的な披露宴を行えば、当然まとまったお金がかかります。身内とごく親しい友人だけの小規模な式にしたとしても、会場費や衣装代、式のあとの食事会の費用だけでもバカにはなりません。

彼氏にじゅうぶんな貯えがあったり、彼氏の実家が金持ちだったりすれば別ですが、そうでない場合は、どうしても彼氏に大きな負担をかけることになるでしょう。

それを避けたいと思うために、本音では「やりたい」と思っていても、「式はしたくない」というケースがあるのです。

この場合、「彼氏に金のかかる女と思われたくない」という心理が隠されているケースもあります。

2.生活最優先で少しでも倹約したい

お金が浮くイメージ 電卓と財布を持つ女

女性の多くはリアリストです。女性ですから結婚式に対するあこがれはあったとしても、それより現実の生活のほうに意識を向ける女性が少なくありません。

結婚をすれば、当然、新しい生活がスタートします。独身時代と違って、将来を見据えた貯蓄をしていく必要もあるでしょう。子どもが生まれた時のことも考えなくてはなりません。

つまり、結婚したなら「家計」を最優先に考える必要があるのです。それを考えれば、できるだけ倹約して、少しでも出費を抑えるようにしなければならないでしょう。

結婚式にかかる費用が無駄な出費というわけではありませんが、式をしなければその分だけ家計に回せるわけです。

リアリストの女性はそうしたことを考慮して、「結婚式はしたくない」と言っているのです。

この場合、式に対するあこがれはあっても、「それよりも現実の生活を優先したい」という意識をもっていると考えていいでしょう。

3.彼氏の反応を確かめたい

仲の良い会話をするカップル

内心「ほんとうは結婚式したい」と思っていながら、「したくない」と言う場合、そう言うことで彼氏の反応を確かめたいと思っているケースもあります。

「したくない」と言った時、彼氏があっさり「じゃあ、やめよう」と言うのか、それとも「そんなこと言わないできちんと式をやろうよ」と言ってくれるのか確かめようとしているわけです。

この場合、内心、彼氏が後者の反応をしてくれることを期待していると考えていいでしょう。

たとえば、「あなたにお金の負担をかけさせたくないから、式はしなくていい」という言い方をしたとしても、彼氏に「金の心配はしなくていい。僕がちゃんと用意するから、安心してくれ」と言ってほしいのです。

自分が結婚する相手の男性がどれだけ頼りになるか、自分のことをどれだけ愛してくれているのかを確かめたいというのが、このケースでの女性の本音ということになるでしょう。

4.彼氏の親の反応を確かめたい

彼氏ではなく、彼氏の親の反応を確かめるために、「式はしたくない」というケースも少なくありません。

結婚する時に多くの女性が気にかけるのは、彼氏の親との関係です。彼氏の親はどういう考え方をする人なのか、子どもの結婚に対してどんなスタンスを取る人なのか、多くの女性は知りたいと考えています。

そこで、あえて「式はしたくない」ということで、親の反応をチェックしようとしていると考えていいでしょう。

「世間体があるから、ちゃんと式はしなさい」という親なのか、「結婚する当人たちの意思に任せる」というタイプの親なのかを見極めようとしているのです。

5.マリッジブルーで結婚そのものにためらいを感じている

マリッジブルーになった女性

ちょっと深刻な本音としては、「彼氏との結婚そのものに躊躇している」というものも考えられます。

マリッジブルーという言葉がありますが、結婚が決まってから憂鬱な気持ちになってしまう女性が少なくありません。

「この彼氏でほんとうにいいのだろうか」と、結婚相手の選択に疑問を抱くケースもありますし、結婚生活や子どものこと、彼氏の両親との関係などに不安を抱くケースもあります。

結婚は決まっていても、まだ入籍はしていない段階であれば、結婚をやめるという選択も可能でしょう。そのため、女性の心は揺れ動くわけです。

そんな精神状態の時に、彼氏から結婚式の話をされても、前向きに考えることはとうていできません。結婚そのものにためらっているのですから、式のことなどとても考える余裕がないでしょう。
それで「式はしたくない」と言っているわけです。

6.クールな性格で結婚式の必要性を感じない

女性の中には「そもそも結婚式をする必要性を感じない」という人もいます。男性よりもその数は少ないと考えていいでしょうが、クールな性格の女性は、そのように考えているケースがあるのです。

「入籍すればそれで夫婦になれるのだから、わざわざお金をかけて式や披露宴をするのは無意味」と考えているのですから、「式はしたくない」と言うのは当然でしょう。
この場合は、「ほんとうにしたくない」というのが本音ということになります。

7.恥ずかしがり屋で華やかなシーンが苦手

恥ずかしがり屋の好き避け女子

シャイな性格なために、人前に出るのが苦手で、それで結婚式はしたくないと考える女性もいます。

たとえば、職場のミーティングで発言するだけでも心臓がどきどきして声が震えてしまうというようなタイプの女性がそれです。

日常的なミーティングでさえ、そんなふうにあがってしまうのですから、結婚式や披露宴のような非日常の華やかなシーンの主役になりたいと思うはずはありません。

こういう女性にとって、多くの女性が憧れる結婚式は精神的に苦痛なイベントでしかないのです。
苦痛なイベントを避けようとするのは、当然の人間心理と言っていいでしょう。

8.容姿にコンプレックスがある

ブスな女性を調べる様子

恥ずかしがり屋というわけではなくても、「できれば人前に出たくない」と考えるケースもあります。
それは、自分の容姿に自信がないためにほかなりません。

女性にとって結婚式や披露宴は、人生の中でも最高のスポットライトを浴びるシーンと言っていいでしょう。結婚式の主役が新郎新婦であることは言うまでもありませんが、とりわけ花嫁は参加者の注目を一身に浴びるものです。

多くの女性はだからこそ結婚式に憧れるわけですが、容姿にコンプレックスのある女性はそうではありません。

顔やスタイルにコンプレックスを持っていると、人に注目されたり、スポットライトを浴びたりすることをどうしても避けようとします。
それで「式はしたくない」と言っているわけです。

9.すねている

彼氏に怒る女性

一時的な気分で「式はしたくない」と言っているケースもあるでしょう。
たとえば、彼氏の言動になにか不満を持っているとします。不満を感じながら、それを口にできないでいるとき、彼氏から「結婚式はどうする?」と聞かれたとします。

その場合、内心「式はぜったいにしたい」と思いながら、わざと「式なんてしたくない」という女性も少なくありません。
つまり、彼氏にすねてみせているわけです。

彼氏とケンカして、わだかまりが残っているときなどにも、同様の反応をすることがよくあります。

この場合は、あくまでも一時的な感情によるものですから、機嫌が直ると、「式はぜったいにしたい」と言う可能性が高いと考えていいでしょう。

10.彼氏の容姿やスペックに自信がない

自分の容姿に自信がないというケースを紹介しましたが、自分ではなく結婚相手である彼氏に自信がないため、式をしたがらないというケースもあります。

人間的な魅力にひかれて結婚を決めたものの、彼氏の容姿やスペックには自信がないという女性も少なくありません。

式や披露宴をすれば、自分の親類や友達に彼氏の容姿を見られてしまいますし、学歴や勤め先も知られてしまうでしょう。
彼氏に自信がない女性は、それを嫌って結婚式をしたがらないのです。