1. TOP
  2. 結婚
  3. 現在のページ
旦那を嫌う妻

妻に嫌われる旦那の共通する特徴10選

投稿日: 2018年05月23日

執筆者: るんちゃん

「俺は大丈夫」「妻とは仲良しだから嫌われるなんてありえない」などと自分のことを棚に上げている旦那さんも多いのではないでしょうか?

ですが、自分では気がついていないだけで実は既に妻から嫌われているかもしれません。

「俺は大丈夫」と思っている旦那さんほど危なかったりします。 では、妻から嫌われる旦那の特徴10選をご紹介します。

1.基本的に家事は妻任せ

妻が専業主婦の場合、「私は専業主婦だから家のことは私がやらなくちゃ…」と思い、体調が悪かったり忙しくても専業主婦である妻が家事を行うことがほとんどです。

ですが共働き夫婦の場合、共働きなのに家事を全て妻に任せている旦那さんは嫌われてしまいます。

旦那さんからしたら「俺の方が長時間労働している」「妻が家事をやるのが当たり前」と思っているかもしれませんが、フルタイムで働いている妻であれば旦那さんと同様外で働いているのと同じです。

また、「妻が家事をやるのは当たり前」というのはいつの時代でしょうか。
現代では女性も社会に出て働いている時代です。
それなのに仕事も家事も全て妻任せではいつ妻は休憩をしたらいいのでしょうか。

妻に家事をさせたいのであれば専業主婦にさせるか、労働時間を短くしてあげると妻から嫌われずに済みます。

2.何かにつけて「仕事」と言う

妻は旦那さんの嘘にすぐに気がつきます。
ですがそれを口にしない妻が多いため「妻は気が付いていない」とウハウハしている旦那さんがほとんどです。

例えば休日の日に「会社から呼び出されちゃって…」と妻に言って接待ゴルフに行ったり、「明日は残業で帰りが遅くなりそう」と妻に嘘をついて遊びに行ったりしていると妻は愛想をつかす前に旦那さんのことを嫌いになってしまいます。

遊びに行きたいのであれば「明日〇〇と遊びに行ってくるね」などときちんと言えば妻は基本的には許します。

何かにつけて、「仕事」と言うことで妻はそんな旦那さんのことが段々と嫌いになっていきます。

3.全ての言葉が上から目線

モラハラ夫

いわゆるモラハラ夫です。

何事に対しても全ての言葉が上から目線なのは、自分が気がついていない間に妻にストレスを与えてしまっています。

例えば妻が食事の支度をしている時に「なんでもっと静かに作業ができないの?」と言ったり、食事中に「この〇〇もう少し味が濃い方がいいよね!これじゃあんまりおかずにならないよ」などと言う上から目線の言葉は、妻からだけではなく、世間の女性からも嫌われてしまいます。

ですが、こうした上から目線の言葉は自宅でのみ自然と発しているので自分では気がつきにくかったりもします。

4.妻の外出を制限

自分が接待や出張、飲み会等で家を空けるときは「その日俺居ないから家に〇〇ちゃん呼んだら?」「その日俺居ないから久し振りにゆっくり遊んでおいで」などと快く妻の外出を受け入れるのに、自分が家に居る日となると「俺休みなのに出かけるの?」と出かける妻に文句を言ったり、「〇時までには帰ってきてよね!ご飯ないし」などと妻の外出時間の制限をかけたりする旦那さんは、妻から嫌われるのも時間の問題です。

自分はよくても人はダメという考えを持っている旦那さんは妻の外出の制限をしたがります。

ですが、自分が妻に同じことをされるとイラついてしまうのが妻から嫌われる夫の特徴でもあります。

5.恥ずかしい食べ方をする

食べ方が汚い男

クチャクチャ食べたり、必ず食べこぼしをしたり、食器をガチャガチャと音を立てながら食事をしたり、大人らしからぬ普通ではしない何かと何かを混ぜた食べ方をしたりといった恥ずかしい食べ方をする旦那さんは妻から嫌われ、自然と外食回数も減っていきます。

付き合っていた頃は「そんな食べ方をするところも可愛い」と思っていた旦那さんの食べ方ですが、結婚をし毎日旦那さんの食事風景を見ているとイライラな気持ちしか湧いてこなかったり、子供がいる家庭であれば「夫の食べ方は子供の教育に良くない。子供が夫の食べ方を真似したら…」などと思ってしまい、考えれば考えるほど旦那さんが嫌いになっていったりします。

6.店員に対して大きな態度をとる

クレーマー 店員に文句を言う

飲食店に限らず、様々なお店で大きな態度をとる旦那さんは妻から嫌われてしまいます。

また、子供のいる家庭であれば子供からも「パパやだ」と言われてしまう日もそう遠くはありません。

店員に対して大きな態度をとるというのは大きく分けて2つあり、1つが私は客という態度です。
例えば飲食店で店員さんが空いているお皿を下げに来た時に一切手伝わなかったり、研修中と名札に書かれている店員さんに対して一切の配慮もせずにどんどん注文したり、ベテランの店員さんしか分からないようなことをわざと聞いたりします。

そして2つ目が些細なことで怒鳴るです。

飲食店の場合怒鳴っていいのは異物混入時や、何かの被害にあった時くらいですよね。

ですが店員に対して大きな態度をとる旦那さんはキンキンに冷えた飲み物でないと怒鳴ったり、自分の思い通りに進まないと怒鳴ったりします。

7.妻への愛が重すぎる

女性に愛を伝える男性

妻のことが大好きな旦那さんは周囲から見ても羨ましく、そんな気持ちが微笑ましく思えるのですが、妻への愛が重すぎる旦那さんは妻からすでに嫌われている可能性もあります。

妻のことが大好きな場合、記念日等に気持ちを伝えたり、なにかプレゼントをしたり、妻の負担になっている家事等を積極的に手伝ってあげたりです。

ですが妻への愛が重すぎる旦那さんの場合、家以外のところで妻にキスを求めたり、ボディタッチが過激であったり、妻がどこかに外出しようものなら用事に関係なくついて行ったり必ず送迎をしたがります。
こうした妻への愛が重すぎる旦那さんは周囲からもドン引きされてしまいます。

8.〇〇っぱなし

だらしない 地雷男

出しっ放し、脱ぎっぱなし、開けっ放しなどの〇〇っぱなしは妻から嫌われてしまいます。

新婚時代であれば「私がどうにかしなくちゃ」「1人じゃなにもできないんだからー!」「こんなところも可愛いな」などと思っていた妻でも、結婚歴が長くなれば長くなるほど「子供じゃないんだから自分でちゃんとやってよ!」という気持ちになってきます。

子供のいる家庭の場合、旦那さんがこんな状態では妻の負担は大きく、子供が1人多い感覚になり、疲れも倍になります。

今子供がいない家庭であれば旦那さんのことをまだ多めに見てくれている妻でも、子供ができれば多めに見ることができず、どんどん嫌いになっていきます。
最終的には口も聞いてくれないにまでなるでしょう。

9.感謝の言葉が言えない

旦那さんのYシャツをアイロンがけしてくれたり、毎日旦那さんのために早起きをしてお弁当を作ってくれたりなどと、旦那さんのためにやっていることなのに「ありがとう」という感謝の言葉が言えない旦那さんは既に妻から嫌われている、もしくは時間の問題でもうすぐ嫌われること間違いなしです。

妻が良かれと思ってやっていることに対して、「ありがとう」と感謝の気持ちを言えないのであれば、妻は「まあ、私が好きでやっていることだし…」と思えるのですが、旦那さんに頼まれてやったことなのに「ありがとう」と言われないと、「あんたが頼んだんでしょ!」「やるのが当たり前だと思いやがって!」と心の中で妻は思っています。

10.「後でやる」と言ってやらない

妻が「〇〇よろしくね」「〇〇今日中にやりなよ?」などと言ったことに対して「後でやる」「後でやるから置いといて」などと言ったのに、いつになってもやらない旦那さんは妻から嫌われてしまいます。

できないのであれば「今日は〇〇をしなくちゃだからできない」などと言えばいいのに、「後でやる」と言うところに妻は旦那さんに対して愛想ついてしまうのです。